「 投稿者アーカイブ:siyong 」 一覧

no image

「私は〇〇な人です」

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」 と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「 …

dsc_0408

SCBつながるお茶会

崇城大学情報学部の星合隆成教授が提唱する地域活性化理論を「地域コミュニティブランド」といいます。 略して「SCB」。 この理論を用いて、「中国茶」をツールとした新しい取り組みが始まりました。 実際に取 …

no image

日本の「烏龍茶」、中国の「烏龍茶」

これらの写真に写っているのは全部烏龍茶で、もちろんですが味も香りも違います。 驚きました? 「烏龍茶って沢山あるんですよ」という事を言った時点で首を傾げる方がとても多いです。 そして、実際に飲んでみる …

kimg0802

中国茶芸の心は「おもてなし」です。

長年愛用してきた電壷(電気ケトル)がそろそろお役御免になりそうなので、ティファールのケトルを新しく購入しました。 「新しいモノって良いですね!」と素直に言いたかったのですが、、、うーん、中国茶の設えに …

kimg0794

烏龍茶なのに、果物の香りですって???

鳳凰単叢蜜蘭香。 んまぁーい! 私、このお茶が好きになったのは割と最近です。 初めて飲んだ時には、人から淹れてもらったものでしたので確かに美味しかった。 「烏龍茶なのに、果物の香りがしますよ。フレーバ …

kimg0787

チャイナドレスとコンフォートゾーンの相関関係

茶芸師、という自分の属性上チャイナ服を着る機会は少なくありません。 しかしながら、コスプレと間違われない事は勿論のこととして「茶芸披露の際に着用できる」「かしこまった席に着て行ける」の両方を満たすとな …

dsc_0402

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。 私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世 …

03244x

お茶なのに〇〇です。

前回の記事では、「お茶の名前は『産地』+『茶葉の形状』で付けられるものが多いですよ」というお話をしていますが、烏龍茶の場合は「お茶なのにその名前デスカッ!」と思わずツッコミを入れたくなるものが存在しま …

no image

お茶の名前の付け方

相変わらず、こちらのドラマにハマっています。 今日は、あるシーンで具体的なお茶の名前が出てきました。 皇帝の側室のひとりがそのお茶しか飲まない、と、仕えている宮女が宦官に説明するシーンです。 「峨眉毛 …

teapot-680552_640

型破りな茶芸師ですが。

私は会社勤めをしていた頃、平日に溜まりにたまったストレスを発散すべく、週末は合気道の稽古に励んでいました。 武道経験者の方なら良くご存じだと思いますが、普段の稽古はひたすら基本の型を繰り返します。 合 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー