茶芸師のつれづれ

軽やかなコミュニケーション

投稿日:

先日、友人にホロスコープリーディングを依頼しました。
私の持って生まれた気質と、今後10年取り組むべきテーマを教えてもらいましたが、そのテーマが今日のタイトル「軽やかなコミュニケーション」。 今にして振り返ると、私のお茶に向き合うテーマが「お茶との対話」つまり「コミュニケーション」。 茶葉や水色を見て、香りを確かめて、味わって、どんな気分になるか・・・という一連の流れを五感をフルに使うことで、自分が「生きている」という感覚を肌で味わってきました。 そういったところもホロスコープで出ているようで、

「しーよんは、第六感的なものやスピリチュアルなものよりも、自分の目で見て触って確かめられるものの方が安心するでしょ。」

と、ズバリ言い当てられ、説明の間頷きっぱなしでした(笑)。

とはいえ、社会生活は問題なく送ることが出来ていると思いますが、実は「人懐っこい」と対極にいる私。 「軽やかなコミュニケーション」がどんなものかピンと来ていない部分もあります。 かしかながら、試行錯誤を繰り返しても「軽やか」「コミュニケーション」「つながり」「情報発信」というキーワードを頭に置きながら行動していけば、その先には充実した人生が待っていると聞けば、ちょっと頑張ってみようかなとも思えてきます。 「よーし、頑張るぞ!」と鼻息荒く突き進むのではなく、ちょっとずつの積み重ねでも良いんじゃないかと。

そして別な日、10歳以上も年の離れた若い女性と話していたときのこと。話題は「若いときの苦労は買ってでもしろ」という言葉について。
「しなくて良い苦労は避けるに限る」という私に不思議そうに、「でも『若いときの苦労は買ってでもしろ』って言うじゃないですか?」と聞く彼女。

やみくもに歯を食いしばってする「苦労」までしなくても良いでしょ? そんなのまで買う?
今頑張ることで明るい未来が待ってるっていう話ならば別だよ。例え今辛い目に遭っていたとしても、未来が描けているならば、本人はそれを苦労だと思わないよね? だからしなくて良い苦労は避けるに限るって言ったの。

と、説明(あくまでも自論ですが)すると、すごく納得した顔をしてくれました。

ホロスコープの結果を聞いているときにこの話を思い出して、 若い友人に話した言葉がそのまま自分に返ってきたなと、ちょっと苦笑いが出たことはここだけの話です。

初心者さんから専門知識を学びたい方まで! 講座のご案内です

中国茶のマメ知識が身に付く!? アプリで読めるコラムです。https://connect.place/siyong/

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:

関連記事

KIMG0712

タイトルちょっと変えました。

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だっ …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

DSC_1483

美味しくお茶を淹れるには〇〇を使うと素敵♪

美味しくお茶を淹れるには、必要不可欠な事があります。 何だと思いますか? 温度? 良い茶葉を選ぶこと? 抽出時間? 茶器? 全て正解ですが、もっとも私が重要視することは「五感を使う事」。 お茶を淹れる …

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

kimg0794

烏龍茶なのに、果物の香りですって???

鳳凰単叢蜜蘭香。 んまぁーい! 私、このお茶が好きになったのは割と最近です。 初めて飲んだ時には、人から淹れてもらったものでしたので確かに美味しかった。 「烏龍茶なのに、果物の香りがしますよ。フレーバ …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー