緑茶 茶芸師のつれづれ

歴史的に価値あるお茶とは

投稿日:

BS12で放送中のドラマ「武則天-The Empress-」で賀蘭敏月が毒を仕込んだ蒙頂茶が気になって仕方ないしーよんです。こんにちは。
唐の時代と現代はそもそも論としてお茶の飲み方が違います。 更に製茶の方法も全く違うので、蒙頂茶と言っても「蒙頂黄芽」でも「蒙頂甘露」でもないのは当然なんですが、こんなに気になるのは職業病ですね(笑)

西湖龍井
アプリdeお茶の四方山話を更新しました。 スマホでお読みの方は、アプリで更新情報を受け取ることが出来ます。ぜひご登録を♪
このブログとアプリをどうつなげて行こうかと試行錯誤しておりましたが、暫くはこちらでアプリで書いた内容の補足をしていきますね。よろしくお付き合いください。 それで早速ですが、西湖龍井と乾隆帝の関係といえば・・・。

御茶
これは乾隆帝に献上されていた龍井茶の木です。 3年ほど前、浙江省で約1週間ミッチリとお茶の勉強をしてきたときのものです。 元々は18本あったと説明を受けましたが、どう数えても18本では無かった記憶があります(^^;)。
梅家塢龍井

昼食を取ったレストランで出てきた梅家塢龍井。 中国の古い言葉で「水は茶の母」というものがあります。
実は龍井茶の故郷は名水でもとても有名な一帯ですので、それが一層お茶の味を引き立てているのでしょう。  私の住む熊本も水道水が100%地下水という、大変「水」に恵まれた地域ではありますが、現地で飲む龍井茶の味にはどう頑張っても適いませんでした(汗)。 それでも、他県で講座をすると私の地元の「水の美味しさ」には度々気づかされます。

龍井茶、とだけ言えば西湖以外でも作られている地域はあります。 しかしながら、「西湖」とそこにつくだけで歴史的価値、ブランド力が飛躍的にあがります。 そのあたりのことはアプリで書いておりますので、ここでは控えますが、杭州の観光地で気づいた事を。

現地では「西湖龍井」のネームバリューだけでお茶を買うのは非常に危険。 車の排気ガスまみれのところに、むき出しのお茶を売っている人たちを見かけましたが、そんな不衛生な状態で買って良いものではないのです。 輸入できる基準が厳しいため、もちろん日本では安心してお買い求め頂けます。 しかしながら、旅行先でお茶を買うとなると、売る相手が、そのお茶が持つ背景をちゃんと理解している相手か否かをしっかりと見分ける必要がありますね。

初心者さんから専門知識を学びたい方まで! 講座のご案内です

中国茶のマメ知識が身に付く!? アプリで読めるコラムです。https://connect.place/siyong/

広告




広告




-緑茶, 茶芸師のつれづれ

執筆者:

関連記事

no image

軽やかなコミュニケーション

先日、友人にホロスコープリーディングを依頼しました。 私の持って生まれた気質と、今後10年取り組むべきテーマを教えてもらいましたが、そのテーマが今日のタイトル「軽やかなコミュニケーション」。 今にして …

no image

あけましておめでとうございます。

といいつつ、もう7日。 お正月に美味しいものを沢山食べた人は「痩せないと!」と決意されている頃ではないでしょうか。 お茶とは関係ない話で恐縮なんですけど、「痩せるお茶ってどれですか?」と聞かれたときに …

no image

ワインと中国茶の共通点

七夕の日、地元ラジオ局で収録でした。呼んでくださったのはFM熊本で放送中の「黒木タクシー」という番組です。パーソナリティーは、熊本であらゆるメディアに登場される人気者、黒木よしひろさん。 黒木さん扮す …

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

no image

インスタグラムはじめました。

アカウントは随分前に取ったのですが、取ったきりで全然使ってなかったインスタグラム。 お茶の記録写真(主にその日に飲んだお茶)をせっかく取っているので、なんか活用したいな~と思ったのが始まりです。 例え …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー