茶芸師が考えるコミュニケーション 茶芸師のつれづれ

投稿日:

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。

家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。
セミナーで学んだことを実践し続けると、私と私が提供するお茶と講座を更に知ってもらえそうです。 くうぅ~、中身喋りたい(笑)。

初心者さんから専門知識を学びたい方まで! 講座のご案内です

中国茶のマメ知識が身に付く!? アプリで読めるコラムです。https://connect.place/siyong/

広告




広告




-茶芸師が考えるコミュニケーション, 茶芸師のつれづれ

執筆者:

関連記事

no image

2017年も終わりの足音が聞こえ始めました。

人間、始めることより続けることの方が難しいと言います。わが身を振り返ってもまさにその通りで、「やるぞ!」と決めた事があっちこっちにとっちらかってしまい、ようやくその対処に気づいたところでした。 私は「 …

DSC_1447

茶席を和ませるペットがいるってご存知ですか?

お茶の席に、可愛いペットが登場することがあります。 ん?呼んだ? って顔してますねぇ。 この子は某家具ショップで販売されている、通称「人をダメにするクッション」でくつろぐ私の愛犬。お茶席にはさすがに登 …

no image

「私は〇〇な人です」

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」 と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「 …

alice-in-wonderland-276452_640

古い洋館で「お茶」といえば・・・。

4月の熊本地震では、熊本城をはじめとして歴史的に価値の高い建造物も相当数損害を受けました。 しかし、そんな中、熊本市の西部に移築され、現存している洋館があります。 花峰館 という建物です。この建築物の …

KIMG0712

タイトルちょっと変えました。

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だっ …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー