Tip on learning Chinesetea 茶芸師のつれづれ 茶芸師の本棚

お茶と砂糖は歴史を動かす!?

投稿日:2017年3月28日 更新日:

皆さんは「歴史」、お好きですか? 私が学校に通っていた頃はイイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府だったのが、今はイイハコ(1185)に変わっているそうでそういや徹夜で年号覚えていたのに、大人になってさっぱり使わなくなったわ~…と、遠い目になったりしているところですが、実は「お茶」は歴史の転換期に必ずと言って良いほど登場します。

そして、お茶だけでなく砂糖も。 中国茶を専門に長年やってきましたので、私が見る世界はどうしても中国が中心。 ヨーロッパはどうでも良いと思っていた時代が余りにも長く(中国だけで一杯イッパイ)、この2年ほどでようやくお茶がどのようにヨーロッパに伝わっていったかについて頭の中に受け入れるスペースが出来ました。

それまでは「紅茶も元は中国ですからね」と言って「イギリスじゃないの!?」という反応が返ってくると「違います(#^ω^)」と返していたワタクシ。 さすがにマズいとヨーロッパ史も慌てて紐解きました。 このあたり、とても分かりやすいのが角山栄先生の本。 経済学者がお茶の歴史の本だとぉ!? と、初めてこの本を手に取った時には本当にビックリしたものですが、キャリアの少ない、そして不勉強だった私でも容易に理解できるほどに噛み砕いた内容で、未だに事あるごとに手に取って眺めている本です。

近代史の中の転換点にお茶がどう関わってきて、どう歴史に影響を及ぼしていったかについては、どの国の視点を使うか…言い換えれば、どのフィルターを使うかによって、大きく変わってきます。紅茶といえばイギリス、というくらい定着していますが、イギリス人が紅茶を飲み始めた時期というのは、スペイン、ポルトガルやオランダといった他の国々よりも遥かに遅くなります。 そしてヨーロッパ人が最初に出会ったお茶は、紅茶ではなく実は緑茶…ということも皆さんをビックリさせるひとつですね。

ちょっとずつ私の頭の中にあるものを、表に出して行こうと思います。

初心者さんから専門知識を学びたい方まで! 講座のご案内です

中国茶のマメ知識が身に付く!? アプリで読めるコラムです。https://connect.place/siyong/

広告




広告




-Tip on learning Chinesetea, 茶芸師のつれづれ, 茶芸師の本棚

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

12552942_1280169645342166_4617453095328943382_n

飲んだ後の茶殻も無駄なく!

突然ですが、飲んだ後の茶殻は皆さんどうしていますか? 捨ててる? 今回は視点を変えて、飲み終わった後の茶殻の利用法をお伝えしますね。 これこれ、これが一番お勧め! 烏龍茶の佃煮です。 凍頂烏龍茶、四季 …

no image

お茶の名前の付け方

相変わらず、こちらのドラマにハマっています。 今日は、あるシーンで具体的なお茶の名前が出てきました。 皇帝の側室のひとりがそのお茶しか飲まない、と、仕えている宮女が宦官に説明するシーンです。 「峨眉毛 …

dsc_1612

お茶のカテキン類と「がん」

今月7日、東京の国立がん研究センターにご在籍の木村綾さんを講師にお招きして、「お茶のカテキン類ってがんに効くの?」というテーマの茶話会を行いました。 ええ、文字通り「お茶」と「お話」です。 メインテー …

no image

大人が歴史を学ぶなら、ドラマや映画ではじめの一歩♪

NHKのBSで土曜日の朝から再放送されていた「奇皇后」が終わって、先月はちょっと腑抜けておりましたがその一方で。同じくNHKBSで始まった「三銃士」。毎週楽しみに見ております。 もちろん、ドラマで繰り …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー