Tip on learning Chinesetea 茶芸師のつれづれ 茶芸師の本棚

お茶と砂糖は歴史を動かす!?

投稿日:2017年3月28日 更新日:

皆さんは「歴史」、お好きですか? 私が学校に通っていた頃はイイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府だったのが、今はイイハコ(1185)に変わっているそうでそういや徹夜で年号覚えていたのに、大人になってさっぱり使わなくなったわ~…と、遠い目になったりしているところですが、実は「お茶」は歴史の転換期に必ずと言って良いほど登場します。

そして、お茶だけでなく砂糖も。 中国茶を専門に長年やってきましたので、私が見る世界はどうしても中国が中心。 ヨーロッパはどうでも良いと思っていた時代が余りにも長く(中国だけで一杯イッパイ)、この2年ほどでようやくお茶がどのようにヨーロッパに伝わっていったかについて頭の中に受け入れるスペースが出来ました。

それまでは「紅茶も元は中国ですからね」と言って「イギリスじゃないの!?」という反応が返ってくると「違います(#^ω^)」と返していたワタクシ。 さすがにマズいとヨーロッパ史も慌てて紐解きました。 このあたり、とても分かりやすいのが角山栄先生の本。 経済学者がお茶の歴史の本だとぉ!? と、初めてこの本を手に取った時には本当にビックリしたものですが、キャリアの少ない、そして不勉強だった私でも容易に理解できるほどに噛み砕いた内容で、未だに事あるごとに手に取って眺めている本です。

近代史の中の転換点にお茶がどう関わってきて、どう歴史に影響を及ぼしていったかについては、どの国の視点を使うか…言い換えれば、どのフィルターを使うかによって、大きく変わってきます。紅茶といえばイギリス、というくらい定着していますが、イギリス人が紅茶を飲み始めた時期というのは、スペイン、ポルトガルやオランダといった他の国々よりも遥かに遅くなります。 そしてヨーロッパ人が最初に出会ったお茶は、紅茶ではなく実は緑茶…ということも皆さんをビックリさせるひとつですね。

ちょっとずつ私の頭の中にあるものを、表に出して行こうと思います。

初心者さんから専門知識を学びたい方まで! 講座のご案内です

中国茶のマメ知識が身に付く!? アプリで読めるコラムです。https://connect.place/siyong/

広告




広告




-Tip on learning Chinesetea, 茶芸師のつれづれ, 茶芸師の本棚

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

2017年も終わりの足音が聞こえ始めました。

人間、始めることより続けることの方が難しいと言います。わが身を振り返ってもまさにその通りで、「やるぞ!」と決めた事があっちこっちにとっちらかってしまい、ようやくその対処に気づいたところでした。 私は「 …

dsc_1612

お茶のカテキン類と「がん」

今月7日、東京の国立がん研究センターにご在籍の木村綾さんを講師にお招きして、「お茶のカテキン類ってがんに効くの?」というテーマの茶話会を行いました。 ええ、文字通り「お茶」と「お話」です。 メインテー …

KIMG0712

タイトルちょっと変えました。

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だっ …

kimg0838

専用の茶器が無くても美味しく烏龍茶を淹れる準備

皆さんの中国茶に対するハードルを挙げている理由の筆頭にあるものが、恐らく「茶器」ではないでしょうか。 日本茶の急須や紅茶のティーポットに比べると、馴染みが薄すぎるのが中国茶の茶器。 しかし、茶器が無け …

DSC_1576

食は薬なり

仏様が蓮を持つ手を図柄にした茶荷に、「佛手(ぶっしゅ)」という同じ名前を持つ岩茶を淹れてみました。 よく「五感を使う」と言いますが、お茶にもそれが当てはまります。 まずは見た目の印象、これ大事ですね。 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー