Tip on learning Chinesetea 茶芸師のつれづれ 茶芸師の本棚

お茶と砂糖は歴史を動かす!?

投稿日:2017年3月28日 更新日:

皆さんは「歴史」、お好きですか? 私が学校に通っていた頃はイイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府だったのが、今はイイハコ(1185)に変わっているそうでそういや徹夜で年号覚えていたのに、大人になってさっぱり使わなくなったわ~…と、遠い目になったりしているところですが、実は「お茶」は歴史の転換期に必ずと言って良いほど登場します。

そして、お茶だけでなく砂糖も。 中国茶を専門に長年やってきましたので、私が見る世界はどうしても中国が中心。 ヨーロッパはどうでも良いと思っていた時代が余りにも長く(中国だけで一杯イッパイ)、この2年ほどでようやくお茶がどのようにヨーロッパに伝わっていったかについて頭の中に受け入れるスペースが出来ました。

それまでは「紅茶も元は中国ですからね」と言って「イギリスじゃないの!?」という反応が返ってくると「違います(#^ω^)」と返していたワタクシ。 さすがにマズいとヨーロッパ史も慌てて紐解きました。 このあたり、とても分かりやすいのが角山栄先生の本。 経済学者がお茶の歴史の本だとぉ!? と、初めてこの本を手に取った時には本当にビックリしたものですが、キャリアの少ない、そして不勉強だった私でも容易に理解できるほどに噛み砕いた内容で、未だに事あるごとに手に取って眺めている本です。

近代史の中の転換点にお茶がどう関わってきて、どう歴史に影響を及ぼしていったかについては、どの国の視点を使うか…言い換えれば、どのフィルターを使うかによって、大きく変わってきます。紅茶といえばイギリス、というくらい定着していますが、イギリス人が紅茶を飲み始めた時期というのは、スペイン、ポルトガルやオランダといった他の国々よりも遥かに遅くなります。 そしてヨーロッパ人が最初に出会ったお茶は、紅茶ではなく実は緑茶…ということも皆さんをビックリさせるひとつですね。

ちょっとずつ私の頭の中にあるものを、表に出して行こうと思います。

初心者さんから専門知識を学びたい方まで! 講座のご案内です

中国茶のマメ知識が身に付く!? アプリで読めるコラムです。https://connect.place/siyong/

広告




広告




-Tip on learning Chinesetea, 茶芸師のつれづれ, 茶芸師の本棚

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

都匀毛尖

目指せ、〇〇への道。

都匀毛尖(といんもうせん)。ちょっと茶葉多かった…。 太平猴魁(たいへいこうかい)。 有名ではあるものの、日本で、しかも地方では中々手に入らない中国緑茶2種。この2つは中国茶講師になりたて …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

no image

年末年始を振り返って

2016年の年末から2017年の年始にかけて、今までになかったことが起きました。 それは起き上がれない程の「体調不良」です。 年齢的にも成人式を2回終えていますので、そろそろ色んなところをメンテナンス …

kimg0802

中国茶芸の心は「おもてなし」です。

長年愛用してきた電壷(電気ケトル)がそろそろお役御免になりそうなので、ティファールのケトルを新しく購入しました。 「新しいモノって良いですね!」と素直に言いたかったのですが、、、うーん、中国茶の設えに …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー