茶芸師のつれづれ

年末年始を振り返って

投稿日:

2016年の年末から2017年の年始にかけて、今までになかったことが起きました。

それは起き上がれない程の「体調不良」です。 年齢的にも成人式を2回終えていますので、そろそろ色んなところをメンテナンスしないと後々怖いことになる年代です。
ベッドで横になりながら、色んなことを考えました。 ぎっくり腰とか原因がよくわからない発熱とか、体調不良の理由は幾つかありまして、本人的に一番きつかったのは「副鼻腔炎」による鼻づまり。 中国茶の魅力と個性を際立たせているのは「お茶の香り」です。 鼻が詰まっているせいで、その香りが全く(分かったとしても通常の1割程度しか)分からないので、必然的に味もしないのです。

そこで思ったことがありました。

イメージの中で幾ら茶芸の稽古を重ねてお茶を味わったとしても、それは現実のものと違います。 実際にお茶の香りを確かめて味わうことで、「ああ美味しい」と感じることであったり、「もっとこのお茶のことを知りたい」という知識欲が湧いて来たりしますが、私に取ってそれは「体」があってこその話なのです。 ベッドで横になっている間も歴史書や専門書を読んでいましたが、なんかね、ちっとも頭に入らないのですよ。

心は「学びたい」と願うのに、身体が動かない。

つまるところ健康のありがたみを痛感したわけですが、思いもかけずスピノザの哲学を思い出したりして、改めて「自分との対話」の大切さも皆様にお伝えしたいと、そんなことを感じた2017年の年のはじめでした。

アプリで烏龍茶のお話読んでみませんか? https://connect.place/siyong/

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

dsc_3354

どうして○○を着ているのですか?

最近、よくこの質問を頂くようになりました。 そう、○○の中に入るのは「チャイナ服」。 チャイナ服を着始めた頃は「コスプレ?」と半ばからかう口調で言われたこともありました。しかし半年近く続けていくと中々 …

no image

歴史的に価値あるお茶とは

BS12で放送中のドラマ「武則天-The Empress-」で賀蘭敏月が毒を仕込んだ蒙頂茶が気になって仕方ないしーよんです。こんにちは。 唐の時代と現代はそもそも論としてお茶の飲み方が違います。 更に …

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

no image

福岡で初体験!

勤労感謝の日には福岡まで足を延ばして、とあるヒーリングを受けてきました。 『ヒーリング』の代表がヒーリングを受けに行くって、冗談みたいな話だねとツッコミが入りそうですが、それはおいといて。 今回伺った …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー