茶芸師のつれづれ

年末年始を振り返って

投稿日:

2016年の年末から2017年の年始にかけて、今までになかったことが起きました。

それは起き上がれない程の「体調不良」です。 年齢的にも成人式を2回終えていますので、そろそろ色んなところをメンテナンスしないと後々怖いことになる年代です。
ベッドで横になりながら、色んなことを考えました。 ぎっくり腰とか原因がよくわからない発熱とか、体調不良の理由は幾つかありまして、本人的に一番きつかったのは「副鼻腔炎」による鼻づまり。 中国茶の魅力と個性を際立たせているのは「お茶の香り」です。 鼻が詰まっているせいで、その香りが全く(分かったとしても通常の1割程度しか)分からないので、必然的に味もしないのです。

そこで思ったことがありました。

イメージの中で幾ら茶芸の稽古を重ねてお茶を味わったとしても、それは現実のものと違います。 実際にお茶の香りを確かめて味わうことで、「ああ美味しい」と感じることであったり、「もっとこのお茶のことを知りたい」という知識欲が湧いて来たりしますが、私に取ってそれは「体」があってこその話なのです。 ベッドで横になっている間も歴史書や専門書を読んでいましたが、なんかね、ちっとも頭に入らないのですよ。

心は「学びたい」と願うのに、身体が動かない。

つまるところ健康のありがたみを痛感したわけですが、思いもかけずスピノザの哲学を思い出したりして、改めて「自分との対話」の大切さも皆様にお伝えしたいと、そんなことを感じた2017年の年のはじめでした。

アプリで烏龍茶のお話読んでみませんか? https://connect.place/siyong/

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ワインと中国茶の共通点

七夕の日、地元ラジオ局で収録でした。呼んでくださったのはFM熊本で放送中の「黒木タクシー」という番組です。パーソナリティーは、熊本であらゆるメディアに登場される人気者、黒木よしひろさん。 黒木さん扮す …

no image

大人が歴史を学ぶなら、ドラマや映画ではじめの一歩♪

NHKのBSで土曜日の朝から再放送されていた「奇皇后」が終わって、先月はちょっと腑抜けておりましたがその一方で。同じくNHKBSで始まった「三銃士」。毎週楽しみに見ております。 もちろん、ドラマで繰り …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

no image

お茶と砂糖は歴史を動かす!?

皆さんは「歴史」、お好きですか? 私が学校に通っていた頃はイイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府だったのが、今はイイハコ(1185)に変わっているそうでそういや徹夜で年号覚えていたのに、大人になってさっぱ …

dsc_0402

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。 私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー