未分類 茶芸師のつれづれ

「この冬、やりたいこと」

投稿日:

SCBつながるお茶会の主役、中国茶女子のブログが更新されました。

書いた人がバトン形式で「次のテーマ」を決めていくスタイルで書き始めたみたい。
トップバッターは次女の「楽楽(りーりー)」が「この冬、やりたいこと」を次の人に繋いで始まったこの企画。中々面白そうですが私は女子じゃないので(爆)、こそっとコッチで繋がってみることにします。

「この冬、やりたいこと」は、ズバリダイエット

健康診断の結果は30年来の持病の貧血を除いて、今年も「すこぶる健康です」というお墨付きを頂きました。 だが、しかしです。
毎年確実に増量してるワタシ。 先月の「つながるお茶会」でもお茶を淹れているシーンを撮ってもらっていたのですが、自分で見てギョッとするほどの二重あご(爆)。 お茶の講師として活動し始めてからも数年間は、顎のラインもシャープだったのに(>_<)。

1480842433

↑これが問題の写真。 なんてこと…って思わず声が出ました。

でね、今も昔も良く質問されるのが「痩せるお茶ってどれですか?」「脂肪を溶かすお茶って?」なのですが、(そんなのがあったら私増量してませんて!)という心の声が表に出ないように苦心しています、実は(笑)。
実際に私のセミナーや講座でこの質問をする方がいらっしゃると、「もしお茶飲むだけで痩せるなら、私モデル体型のはずですよね?」とド直球な返しを食らう羽目になりますが、そもそも論として・・・。

お茶は「薬」として飲まれてきたという歴史があります。 そして、現代でもお茶の効果効能に着目する方、とても多いですよね。その中でも特に、「中国茶」は緑茶や紅茶と比較してもダントツで「〇〇に効く」ということを期待されている方が多いと感じます。 しかし、です。

西洋医学が発達する以前は、「食物」と「薬」の境はとてもあいまいでした。 それは中国だけでなく、かのヒポクラテスも「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」という言葉を残しています。 つまり、身体に良い食べ物で病気にならないことが最善とされていたわけです。 食べる事で健康を維持する、ということですね。 ですから、現代人の「薬」に対する認識で「お茶の効果・効能」を期待することは、間違いとは言えませんが、的外れになってしまうことが多いと思っています。

お茶にこれを当てはめるならば、「太らないために」食後や運動した後に烏龍茶を飲んで、健康的な生活を心がければ、お茶はスタイルキープの強い味方となってくれるはずです。しかしながら、既についてしまった脂肪を減らすために烏龍茶を飲んでも、果たして望む結果は得られるでしょうか? そもそも、お茶は痩せるための飲み物ではありません。 痩せることを期待してお茶を飲むのではなく、お茶の美味しさを単純に味わって頂きたい、これはお茶に関わる仕事をしている人なら大なり小なり思うことのはず。

そうことも手伝って、「お茶飲んで痩せたのではなく、健康的な生活(私の場合は運動不足が原因)でサイズダウンしました」と、堂々と言うためにも、この冬は「ダイエット」頑張ります!

広告




広告




-未分類, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

12552942_1280169645342166_4617453095328943382_n

飲んだ後の茶殻も無駄なく!

突然ですが、飲んだ後の茶殻は皆さんどうしていますか? 捨ててる? 今回は視点を変えて、飲み終わった後の茶殻の利用法をお伝えしますね。 これこれ、これが一番お勧め! 烏龍茶の佃煮です。 凍頂烏龍茶、四季 …

KIMG0712

タイトルちょっと変えました。

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だっ …

DSC_1606

美味しいは作れる!

明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事! 中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹 …

alice-in-wonderland-276452_640

古い洋館で「お茶」といえば・・・。

4月の熊本地震では、熊本城をはじめとして歴史的に価値の高い建造物も相当数損害を受けました。 しかし、そんな中、熊本市の西部に移築され、現存している洋館があります。 花峰館 という建物です。この建築物の …

no image

本場と日本の違い

読了! この本も中々読み応えがありました。 お茶にとっても詳しい方のブログでこの本の存在を知りまして、早速取り寄せ~。 「本場」というタイトルなだけあって、淹れ方や歴史、茶器の説明などはとても詳しく、 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー