未分類 茶芸師が考えるコミュニケーション

作法とマナーと

投稿日:

日本の茶道でもそうだと思うのですが、「お茶の席」はおもてなしの席。そこには当然「作法」と「マナー」が存在します。
中国茶を専門的に学びたい方はきちんと知るべきことではありますが、そうじゃない人たちにはそんなに細かいことは言いません。 そんなことしたらお茶の美味しさも半減しますしね。 それは飲む人だけでなく、彼女たちもそう。
細かい作法を真剣にこなすより、にっこり笑顔で「どうぞ」と勧めた方がよっぽどふさわしいおもてなしだと思います。 お客ももてなす側も「楽しい」「美味しい」が基本にあるべきだと思っていますから。
そんな私も茶芸師試験の講評で「表情が硬い」とツッコミを入れられましたので、猶更そう思うのです。

さて、その作法つながりで面白いブログを見つけました。こちらのブログ
お茶会女子5人娘には、私が教える事のできる「中国茶」を通じて大人の階段を一歩ずつ上って行ってもらいたい、と思っています。 そして、私が教える中には「茶芸師」のマナーも入っています。
例えば、コレ。

15211634_1721329048194799_1388127601_nこの立ち方。小笠原流礼法に代表される、日本人の立ち姿・お辞儀のマナーとは形が異なりますが、茶芸師がお客様をお迎えするときの礼法です。手の重ね方にも決まりがあります。

dsc_0408若干の緊張が伝わってきますが^^;、初めてでここまで出来れば合格点ですね♪

当然のことながら、これがそのままビジネスマナーとして通用するものとは思っていません(当方、ビジネスマナー講師ではありませんので)。 しかし、端正な立ち姿やお辞儀のマナーを覚えてそれに従うことで、お客様を喜ばせたりくつろがせたりできるようになります。 大事なのは赤字の部分。 相手を喜ばせたいという思いがあってこそ、ですね。

広告




広告




-未分類, 茶芸師が考えるコミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

本を50冊程処分しました。

ある人から「情報は生もの」という言葉を聞いて以来、定期的に所有している本の入替をしています。 一時期と比較するとペース、冊数が激減したとはいえ、今回は50冊程手放す事に。 そして、それと入れ替えるかの …

teapot-680552_640

型破りな茶芸師ですが。

私は会社勤めをしていた頃、平日に溜まりにたまったストレスを発散すべく、週末は合気道の稽古に励んでいました。 武道経験者の方なら良くご存じだと思いますが、普段の稽古はひたすら基本の型を繰り返します。 合 …

no image

「私は〇〇な人です」

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」 と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「 …

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

dsc_0408

SCBつながるお茶会

崇城大学情報学部の星合隆成教授が提唱する地域活性化理論を「地域コミュニティブランド」といいます。 略して「SCB」。 この理論を用いて、「中国茶」をツールとした新しい取り組みが始まりました。 実際に取 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー