未分類 茶芸師が考えるコミュニケーション

「私は〇〇な人です」

投稿日:

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」
と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「チャイナ服」を基本としています。 最初はこっばずかしかったのですが、今ではすっかり慣れまして、チャイナ服がトレードマークとなりつつあります。

茶道や煎茶道の先生が和服をお召しになるのと同様に、チャイナ服は茶芸師の正装ですので、そこに気づかせてくれた方には本当に感謝しています。
「はじめまして」の方も「お久しぶりです」の方も、「青いチャイナ服の写真、Facebookで見ました!」と声を掛けてくださることが本当に増えました。

青いチャイナ服とはコレのことなんですけど
15211634_1721329048194799_1388127601_n
このチャイナ服以外でも「青いチャイナ服」が少しずつ増えてきました(爆)。 「青いチャイナ服のひとね!」と一発で覚えて頂くためです。

そうすることで、私がどんな人なのか、相手に何を提供できるのかを一目で知って頂ける率が上がってきます。 日本で(しかも熊本のような地方都市で)目にも鮮やかなチャイナ服だと、否応なしに人目を引きますから、初めましての方とも私に興味を持ってもらうきっかけとなります。

むかし、あるセレクトショップの店長さんが「お洒落は人に対する心配りです」と仰ったことがありました。 私のチャイナ服は「お洒落」目的ではありませんが、着るもので相手に対する心配り気配りが出来る事は確かに納得です。 分かりやすい人になることは、どんなお仕事をしている人にも大切なことなのではないでしょうか。

広告




広告




-未分類, 茶芸師が考えるコミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

dsc_0451

作法とマナーと

日本の茶道でもそうだと思うのですが、「お茶の席」はおもてなしの席。そこには当然「作法」と「マナー」が存在します。 中国茶を専門的に学びたい方はきちんと知るべきことではありますが、そうじゃない人たちには …

no image

「美味しい」というためには、セオリーがあります。

先日、一生懸命ほぐしたプーアール茶。 熟成も進んで良い感じの味わいです。 若いプーアール茶で感じるトゲトゲしさはなく、まろやかでとろっとして。だけど飲みやすい! んー、ビンテージとまでは言えないけれど …

dsc_0402

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。 私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世 …

kimg0787

チャイナドレスとコンフォートゾーンの相関関係

茶芸師、という自分の属性上チャイナ服を着る機会は少なくありません。 しかしながら、コスプレと間違われない事は勿論のこととして「茶芸披露の際に着用できる」「かしこまった席に着て行ける」の両方を満たすとな …

teapot-680552_640

型破りな茶芸師ですが。

私は会社勤めをしていた頃、平日に溜まりにたまったストレスを発散すべく、週末は合気道の稽古に励んでいました。 武道経験者の方なら良くご存じだと思いますが、普段の稽古はひたすら基本の型を繰り返します。 合 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー