未分類 茶芸師が考えるコミュニケーション

「私は〇〇な人です」

投稿日:

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」
と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「チャイナ服」を基本としています。 最初はこっばずかしかったのですが、今ではすっかり慣れまして、チャイナ服がトレードマークとなりつつあります。

茶道や煎茶道の先生が和服をお召しになるのと同様に、チャイナ服は茶芸師の正装ですので、そこに気づかせてくれた方には本当に感謝しています。
「はじめまして」の方も「お久しぶりです」の方も、「青いチャイナ服の写真、Facebookで見ました!」と声を掛けてくださることが本当に増えました。

青いチャイナ服とはコレのことなんですけど
15211634_1721329048194799_1388127601_n
このチャイナ服以外でも「青いチャイナ服」が少しずつ増えてきました(爆)。 「青いチャイナ服のひとね!」と一発で覚えて頂くためです。

そうすることで、私がどんな人なのか、相手に何を提供できるのかを一目で知って頂ける率が上がってきます。 日本で(しかも熊本のような地方都市で)目にも鮮やかなチャイナ服だと、否応なしに人目を引きますから、初めましての方とも私に興味を持ってもらうきっかけとなります。

むかし、あるセレクトショップの店長さんが「お洒落は人に対する心配りです」と仰ったことがありました。 私のチャイナ服は「お洒落」目的ではありませんが、着るもので相手に対する心配り気配りが出来る事は確かに納得です。 分かりやすい人になることは、どんなお仕事をしている人にも大切なことなのではないでしょうか。

広告




広告




-未分類, 茶芸師が考えるコミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

KIMG0712

タイトルちょっと変えました。

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だっ …

dsc_0451

作法とマナーと

日本の茶道でもそうだと思うのですが、「お茶の席」はおもてなしの席。そこには当然「作法」と「マナー」が存在します。 中国茶を専門的に学びたい方はきちんと知るべきことではありますが、そうじゃない人たちには …

no image

本を50冊程処分しました。

ある人から「情報は生もの」という言葉を聞いて以来、定期的に所有している本の入替をしています。 一時期と比較するとペース、冊数が激減したとはいえ、今回は50冊程手放す事に。 そして、それと入れ替えるかの …

no image

日本の「烏龍茶」、中国の「烏龍茶」

これらの写真に写っているのは全部烏龍茶で、もちろんですが味も香りも違います。 驚きました? 「烏龍茶って沢山あるんですよ」という事を言った時点で首を傾げる方がとても多いです。 そして、実際に飲んでみる …

dsc_3354

どうして○○を着ているのですか?

最近、よくこの質問を頂くようになりました。 そう、○○の中に入るのは「チャイナ服」。 チャイナ服を着始めた頃は「コスプレ?」と半ばからかう口調で言われたこともありました。しかし半年近く続けていくと中々 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー