烏龍茶 茶芸師が考えるコミュニケーション

日本の「烏龍茶」、中国の「烏龍茶」

投稿日:

kimg0794

kimg0765

dsc_0023

DSC_1589

これらの写真に写っているのは全部烏龍茶で、もちろんですが味も香りも違います。 驚きました?

「烏龍茶って沢山あるんですよ」という事を言った時点で首を傾げる方がとても多いです。 そして、実際に飲んでみると「烏龍茶じゃない!」と、つい言ってしまう方も多いです。(烏龍茶ですよ、って説明しているにも関わらず・汗)

数年前のことですが、「これって何でかなぁ」と結構悩んでしまった時期がありました。 事前にちゃんとテイスティングして、一番美味しく感じる抽出時間も研究した上で、いざ「烏龍茶ですよ」と説明して淹れたのに「烏龍茶じゃない!」って反応されるわけですから。 取りようによっては「否定」に聞こえてしまうわけです。講師も普通の人間なので。

で、答えが分かりました。 日本人が思う「烏龍茶」ってコレなんですよね。

oolongtea_bottle画像はサントリー食品インターナショナルさまのサイトからお借りしました。

「烏龍茶じゃない!」という言葉を正確に表すと「(自分が知ってる)烏龍茶じゃない!」ということ。ここに気づいたときに、やっと頭の中のモヤモヤが解決しました(笑)。
リーフティーの烏龍茶の認知度ははっきり言って高くない一方、これだけ日本人の生活に入り込んでいる「烏龍茶」って、ある意味スゴいことなんです。 ペットボトルの烏龍茶飲料が世に出てから確か30年ちょいくらいだと記憶していますが、老若男女問わず、「烏龍茶」と聞いてこのボトルを思い出される方も多いのではないでしょうか。

そして一方では、「ペットボトルのお茶なんて!」と否定される方もいらっしゃることでしょう。 自分で淹れたお茶だとうっかり忘れて数時間たっただけで不味くなるのに、ペットボトルだと何か月も保存が効くのは私も不思議に感じないわけではありません。 しかし4月の熊本地震の折、「水が使えない」生活が暫く続きました。幸い私の住む地域は、水道・ガスを除いた生活インフラの復旧が早かったので、お店にモノが並ぶのも早かったですので、ペットボトルのお茶は買う事が出来ました(水はありませんでした、さすがに)。 それだけでどれだけ助かったか分かりません。 ですから私は、リーフティーの烏龍茶とペットボトルの烏龍茶飲料では、そもそもの役割が違うと認識しています。

便利で手軽なペットボトルも良いですが、忙しい手をちょっとだけ止めて、自分のために少しだけ手間を取ってみると「お茶の美味しさ」に気づくきっかけとなるでしょう。

広告




広告




-烏龍茶, 茶芸師が考えるコミュニケーション

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

本を50冊程処分しました。

ある人から「情報は生もの」という言葉を聞いて以来、定期的に所有している本の入替をしています。 一時期と比較するとペース、冊数が激減したとはいえ、今回は50冊程手放す事に。 そして、それと入れ替えるかの …

dsc_0402

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。 私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世 …

DSC_1606

美味しいは作れる!

明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事! 中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹 …

alice-in-wonderland-276452_640

古い洋館で「お茶」といえば・・・。

4月の熊本地震では、熊本城をはじめとして歴史的に価値の高い建造物も相当数損害を受けました。 しかし、そんな中、熊本市の西部に移築され、現存している洋館があります。 花峰館 という建物です。この建築物の …

DSC_1576

食は薬なり

仏様が蓮を持つ手を図柄にした茶荷に、「佛手(ぶっしゅ)」という同じ名前を持つ岩茶を淹れてみました。 よく「五感を使う」と言いますが、お茶にもそれが当てはまります。 まずは見た目の印象、これ大事ですね。 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー