未分類 茶芸師のつれづれ

チャイナドレスとコンフォートゾーンの相関関係

投稿日:

茶芸師、という自分の属性上チャイナ服を着る機会は少なくありません。

しかしながら、コスプレと間違われない事は勿論のこととして「茶芸披露の際に着用できる」「かしこまった席に着て行ける」の両方を満たすとなると・・・。日本、しかも地方では手に入らないんですねぇ、これが。写真のチャイナ服が一番お気に入りですが、これは舞台衣装にカテゴライズされるタイプのもので、普段の生活ではさすがに(ry なのです。
dsc_0347

そこで今回、中国から旗袍を直接取り寄せてみることに。
今は良い時代ですね~。 幾つか越えねばいけないハードルはありますが、欲しいものを海外に直接オーダーできるのですから。インターネットさまさまです(^^)

そして待つこと5日間。 届きました!

kimg0787
これらのドレスの説明を、漢字を拾い拾い読んで感じたことは、日本で言うなら「浴衣」のポジションに近いのかな、ということ。 ふむふむ、だったら後生大事にとっておくのではなく、どんどん着なくちゃね。そして、チャイナドレスは足さばきが楽なので、見た目を裏切る着心地の良さなのです。その分、足が丸見えなので歩き方にも氣を付けるようになります(^^;)。

そこで私、ある方のことを思い出しました。「普段着がない」というその方、外でお会いするときもご自宅に伺ったときも、いつでもおキレイ。一度、乗馬にお誘いしたことがあって、その方のラフな格好を見たのはそのときだけなんです。 これって、中々出来ることではないなぁ・・・と自分の日常を振り返って(ノ∀`)アチャーだったワタシ。デニムにカットソーがラクチンなんですもの(汗)。

特別な日に着る、特別に誂えたドレスならともかく! と決意しても、私の憧れる方のことを真似するならこれらのドレスを日常的に着るということ・・・。ハードル高い・・・(汗)。

いやいや、「デニムとカットソー」というコンフォートゾーンを抜け出す事で、なりたい自分をまたひとつ手に入れられるのよ! ここで躊躇してどうするの! 

と、かの人の声で自分を励ます言葉を脳内再生して、コンフォートゾーン脱出計画スタートです。 どんな茶芸師にお茶を淹れてもらいたいか、というイメージをより明確にすることで、きっと、今以上にご満足いただけるパフォーマンスにもつながるはずです。

広告




広告




-未分類, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「私は〇〇な人です」

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」 と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「 …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

kimg0794

烏龍茶なのに、果物の香りですって???

鳳凰単叢蜜蘭香。 んまぁーい! 私、このお茶が好きになったのは割と最近です。 初めて飲んだ時には、人から淹れてもらったものでしたので確かに美味しかった。 「烏龍茶なのに、果物の香りがしますよ。フレーバ …

no image

インスタグラムはじめました。

アカウントは随分前に取ったのですが、取ったきりで全然使ってなかったインスタグラム。 お茶の記録写真(主にその日に飲んだお茶)をせっかく取っているので、なんか活用したいな~と思ったのが始まりです。 例え …

DSC_1447

茶席を和ませるペットがいるってご存知ですか?

お茶の席に、可愛いペットが登場することがあります。 ん?呼んだ? って顔してますねぇ。 この子は某家具ショップで販売されている、通称「人をダメにするクッション」でくつろぐ私の愛犬。お茶席にはさすがに登 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー