茶芸師が考えるコミュニケーション 茶芸師のつれづれ

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

投稿日:

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。

私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世界最古で最も消費されている嗜好品を使って、彼女たちがどんな物語を作っていくか楽しみです。「人々がお茶を飲むということはどういうことなのか? 喉の渇きを潤すだけなら水で済むところを、人々はどうしてお茶を飲むのか?」という疑問を平成生まれの若い人たちが、どう紐解いていくのでしょうか? お茶のチョイスやナビゲートは私の受け持ちですが、美味しいお茶のその先にあるものは今回は担当外です(^^;)。

dsc_0394
サクッと駆け足で「中国茶とは何ぞや?」というお話をしている最中です。 …手で字を書かないとダメですね。「蓋碗」の「碗」が思い出せなかった私…orz。
そして甘いお菓子をつまみながら四季春と肉桂の2種の烏龍茶を試飲。

dsc_0402

良く知ってる日本茶とは全然違う烏龍茶に目を丸くする皆さん。飲んだ後の感想は「知ってる烏龍茶の味とちがーう」だそうです(笑)。
いかにペットボトルの烏龍茶飲料が日本人の日常生活に入り込んでいるか、ということがこの一言で分かりますよね。

この一言を言われる度に「こっちがホンモノだってば!」とイチイチ目くじら立てていた頃もありました。今だから言えるけど。

しかしながら、みんなが知ってる「烏龍茶」と違うというだけで別に私が淹れるお茶を否定されたのではない、という至極当たり前のことに気づいて以来、(。-∀-) ニヒ ←こんな顔になることが増えました。 「そーでしょ、そーでしょ。味違うでしょ。」と。

dsc_0407
私のチャイナ服を手に、顔映りの良い色を「どれがいいかなぁ~」と選んでる最中をパチリ。 色鮮やかなチャイナ服を見るなりパアッと顔が輝いて、「うわぁ、可愛いー!」という声が上がりました(笑)。女の子は基本的に、綺麗なもの可愛いものが好きですね。彼女たちがどんな反応示すか若干ドキドキでしたが杞憂に終わりましたε-(´∀`; )ホッ。 ユニットとして活動する際にはお揃いのチャイナ服で登場しますよ、彼女たち。

正式なユニットのお披露目はもう少し先なので、今回は後ろ姿で。

あったかいお茶と可愛いドレスの効果でしょうか、会議終盤に差し掛かると自主的な意見も出始めました。これから良い感じで進んでいきそうなので、私も張り切ってお手伝いしたいと思います。

広告




広告




-茶芸師が考えるコミュニケーション, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「美味しい」というためには、セオリーがあります。

先日、一生懸命ほぐしたプーアール茶。 熟成も進んで良い感じの味わいです。 若いプーアール茶で感じるトゲトゲしさはなく、まろやかでとろっとして。だけど飲みやすい! んー、ビンテージとまでは言えないけれど …

dsc_0408

SCBつながるお茶会

崇城大学情報学部の星合隆成教授が提唱する地域活性化理論を「地域コミュニティブランド」といいます。 略して「SCB」。 この理論を用いて、「中国茶」をツールとした新しい取り組みが始まりました。 実際に取 …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

no image

日本の「烏龍茶」、中国の「烏龍茶」

これらの写真に写っているのは全部烏龍茶で、もちろんですが味も香りも違います。 驚きました? 「烏龍茶って沢山あるんですよ」という事を言った時点で首を傾げる方がとても多いです。 そして、実際に飲んでみる …

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー