茶芸師が考えるコミュニケーション 茶芸師のつれづれ

タイトルちょっと変えました。

投稿日:

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だったら「糸永ちゃん」という意味だとか、色々教わっていたので、このサイトを立ち上げたときに何の気なしに「しーよん小姐」とタイトルを決めた私。

糸永を声調なしでピンイン表記すると、(siyong)と書きます。 普通語だとこれは私の耳に「すーよん」と聞こえるものの、siyongと書いてあると日本人には「しーよん」と読む確率が高そうだと思ったことから使い始めたのですが・・・。 しーよんはさておき「小姐」とは状況によって、そう呼ばれる対象が変わってくる呼称だと聞いたのはごく最近のことです。 はぁ、そういや最後に中国行ったのは3年前・・・。 ちょっと浦島太郎状態でした(汗)

立ち上げてかれこれ3か月経ちますので、そろそろ「とりあえず」のものをきちんと整理したいと思います。 そこでまず、「小姐」を「老師」に変更。

キャッチコピーも「お茶はコミュニケーションです」とそっけない一言でした。 いや、確かにそうなのですが、一言で済ませるとなんか変です。 「小姐」に違和感を感じ始めたときに、こちらもぞわぞわし始めました(汗)。

今後やってみたい事のひとつに、お茶会や講座に来られた方に「美味しい」という言葉を使わずにそのお茶を説明してもらいたい、という事を挙げています。 私が「コミュニケーション」に拘る理由がまさにコレなのですが、例えば「犬」ときいて、どんな犬種を思い浮かべますか? 私は自分の愛犬が一番に思い浮かびますが、きっと人それぞれ違う犬のはず。

KIMG0712私の愛犬はこの方です(≧m≦)

ですから、「美味しい」という言葉の裏側にあるものも、きっと人それぞれ。 ですからそれを自分の言葉で深く相手に伝えようとすることは、相手に寄り添うこと。そして「お茶」がこの両者の仲立ちをすることで、お互いの距離や時間がぐんと近くなると考えています。そこで新しく考えたのがこのコピー。

「中国茶×コミュニケーションで頭と心をしなやかに」

NLPマスタープラクティショナーでもある私、言葉の持つ力を沢山見てきました。

「お茶」と「コトバ」の両輪で皆様を非日常の世界へエスコートしてまいります。

広告




広告




-茶芸師が考えるコミュニケーション, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

「私は〇〇な人です」

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」 と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「 …

DSC_1593

手間の先にあるものが美味しさ。

昨晩は「エクスペリエンス・マーケティング」の提唱者、藤村正宏先生の講演会に行ってきました。 私が在籍している熊本の異業種交流会「一期一会」の主催です。 「モノではなく体験を売れ!」 という言葉を初めて …

dsc_3354

どうして○○を着ているのですか?

最近、よくこの質問を頂くようになりました。 そう、○○の中に入るのは「チャイナ服」。 チャイナ服を着始めた頃は「コスプレ?」と半ばからかう口調で言われたこともありました。しかし半年近く続けていくと中々 …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

DSC_1606

美味しいは作れる!

明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事! 中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー