緑茶

中国では珍しい

投稿日:

蒸青緑茶が今日のお茶。

kimg0748
恩施玉露、というお茶を飲んでいます。 日本と中国では、一般的な緑茶の製法が逆になっているのをご存じでしょうか。
日本では珍しい釜炒りの製法の緑茶ですが、中国の緑茶といえば釜炒りの炒青緑茶に有名銘柄が多くあります。 逆に、日本では蒸し製法がポピュラーですが、中国緑茶で蒸し製法のものといえば・・・恩施玉露くらいしか思いつきません(汗)。 探せばもちろん見つかると思いますが、恩施玉露が余りにも有名すぎるのも相まって、「蒸青緑茶といえば恩施玉露!」という存在になっています。 何と言っても、伝統十大銘茶のひとつに挙げられる、歴史あるお茶ですし。

で、この恩施玉露。「玉露」という名前がついていますが、日本茶の玉露とは全く別物です。 淹れる時にも特別に低い温度で・・・ということはしませんし、お湯を注いだ瞬間、パッと香るのはやっぱり中国緑茶だなぁという氣がします。

kimg0749
茶葉の様子もご覧の通り。 日本の玉露と似てるといえば似ていますが、見分けがつかない程ではありません。

kimg0750
下投法で淹れてみましたが、茶葉の嵩があったので、沈んだままでした(^^;)。 中投法で淹れた方が、見た目も楽しめそうです。

飲んだ後の茶殻は日本の玉露と同じく食べられそうですが、現在進行形でブログ書きながら飲んでいますので、感想は次の機会に。

広告




広告




-緑茶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

歴史的に価値あるお茶とは

BS12で放送中のドラマ「武則天-The Empress-」で賀蘭敏月が毒を仕込んだ蒙頂茶が気になって仕方ないしーよんです。こんにちは。 唐の時代と現代はそもそも論としてお茶の飲み方が違います。 更に …

kimg0802

中国茶芸の心は「おもてなし」です。

長年愛用してきた電壷(電気ケトル)がそろそろお役御免になりそうなので、ティファールのケトルを新しく購入しました。 「新しいモノって良いですね!」と素直に言いたかったのですが、、、うーん、中国茶の設えに …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー