烏龍茶 紅茶 茶芸師のつれづれ

インスタグラムはじめました。

投稿日:

アカウントは随分前に取ったのですが、取ったきりで全然使ってなかったインスタグラム。
お茶の記録写真(主にその日に飲んだお茶)をせっかく取っているので、なんか活用したいな~と思ったのが始まりです。

例えば今日、鳳凰紅茶というスゴイ名前を持ったお茶を淹れてみました。
中国好きな方ならご存知ですよね? 龍が皇帝を表していたのと同じく、鳳凰は皇后の象徴です。 「鳳凰紅茶」ときいて「セレブなマダム」をイメージしてしまったのはここだけの話ですが、

dsc_0199
こうやって写真で残しておくと、後から資料で活用出来そうです。 で、その肝心の「鳳凰紅茶」がどんなお茶かと申しますと、オッソロシク高額なセレブご用達のお茶・・・なのではなく、このブログでも何度か紹介している「鳳凰単叢」を原料にした紅茶なのです。 黄枝香と並べてみました。 形と、ブログではお届けできない香りは確かに鳳凰単叢・・・。で、紅茶だと??? ますます不思議です。

dsc_0203
「鳳凰単叢」をキーワードに、ほぼ詰め合わせ状態で現地から送ってもらったものなので、正直、、、説明するための情報が足りてません。 ゴメンナサイ(>_<)。

中国の工夫紅茶は香りが華やかなものが多いので、実際に飲んだ感想としては、「工夫紅茶」と言われても分からない自信があります(爆)。 あるいは、「鳳凰単叢」とだけ言われても素直に信じるかも。 けれど、普通に美味しかったのは間違いないです。 んー・・・だけど「うおおおおーっ! すごーーーーーい!!」と叫ぶほどではなかったかなぁ。

14195391_1498469973512131_6587930075999141105_o
「鴨屎香」という名前の鳳凰単叢のときには、そのネーミングセンスとお茶の個性の両方に仰天したものですが。

・・・というような内容を、思い出し思い出しブログに書くのもアリですが、「リアルタイムに近いタイミングでアップすることで、記憶が鮮烈なうちに記憶に残せる」と、復活させました。
お茶と愛犬のチワワがメインの素材になるかと思います。 Facebookはリアルな繋がり重視で使っていますが、インスタはフォローして頂けると小躍りして喜びます(^^)/

広告




広告




-烏龍茶, 紅茶, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

dsc_0402

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。 私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世 …

no image

歴史的に価値あるお茶とは

BS12で放送中のドラマ「武則天-The Empress-」で賀蘭敏月が毒を仕込んだ蒙頂茶が気になって仕方ないしーよんです。こんにちは。 唐の時代と現代はそもそも論としてお茶の飲み方が違います。 更に …

no image

日本の「烏龍茶」、中国の「烏龍茶」

これらの写真に写っているのは全部烏龍茶で、もちろんですが味も香りも違います。 驚きました? 「烏龍茶って沢山あるんですよ」という事を言った時点で首を傾げる方がとても多いです。 そして、実際に飲んでみる …

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー