茶芸師のつれづれ

手間の先にあるものが美味しさ。

投稿日:

昨晩は「エクスペリエンス・マーケティング」の提唱者、藤村正宏先生の講演会に行ってきました。 私が在籍している熊本の異業種交流会「一期一会」の主催です。

「モノではなく体験を売れ!」

という言葉を初めて聞いた時、単純に「私は体験を売ってる♪」と思ったものですが、藤村先生によるとそうではないらしい。中国茶の講座も「体験商品」という「モノ」になるようです。
ふむふむ・・・とお話に耳を傾けていくと、(あくまでも私に当てはめた場合ですが)お客様や生徒さんが何故、お越しくださるのかをもっと掘り下げる事で、より良い答えが出せるに違いないことに「ハッ」と思い当たりました。 中国茶が欲しい人なら、熊本市内中心から30分以上離れて(しかも交通の便が悪いので車必須)いる香茶堂には来ないよねぇ、確かに。

「わぁ、美味しい!」という感動だったり、学校の歴史では絶対習わないような視点でのトリビアだったり、見たことない珍しいお茶を見て楽しむことだったり、そうすることで忙しい毎日の中でホッと一息ついてリラックスできる。そしてそのこと豊かな人生のきっかけに繋がる事も・・・。

「ああ、そうそう。」と頷きながらのあっという間の2時間でした。

さて、そんな体験繋がりで。 鳳凰単叢(ほうおうたんそう)という広東省の烏龍茶があります。岩茶と比較した記事で以前も鳳凰単叢のことを書いていますが、実際、鳳凰単叢という烏龍茶は手間が掛かります。 熊本弁で言うと「やおいかん」お茶かも知れません。 しかしながら、その手間(抽出時間や茶葉の量を守って、キチッと淹れる)を掛けると、ちゃんと美味しいお茶が仕上がります。 私は分析魔ですので、何をどうしたら良いのか気になる方は、どうぞ遠慮なくお尋ねください(^^)/。

「メンドクサイ」「難しい」お茶程、美味しく淹れることが出来たときの達成感といったら・・・!

感動すること請け合いです。

DSC_1593

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

kimg0782

せっかく飲むなら体をあたためましょ!

例年この時期には、いくら九州とはいっても毛布を着て床についていたものですが、今年は未だに少し動くだけで汗びっしょりになっています。 とはいえ、秋は確実にやってきていますので、今のうちから冬に暖かく過ご …

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

kimg0787

チャイナドレスとコンフォートゾーンの相関関係

茶芸師、という自分の属性上チャイナ服を着る機会は少なくありません。 しかしながら、コスプレと間違われない事は勿論のこととして「茶芸披露の際に着用できる」「かしこまった席に着て行ける」の両方を満たすとな …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

no image

前提が違うことを知る

読了。アマゾンの商品説明によると「中国最大のプーアル茶企業「大益」が編集した、プーアル茶鑑定の専門書。」だそうで、手の出しやすいお値段とは裏腹に専門用語のオンパレードでした。難しかったー。 久々に読後 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー