茶芸師のつれづれ 黒茶・プーアール茶

せっかく飲むなら体をあたためましょ!

投稿日:

例年この時期には、いくら九州とはいっても毛布を着て床についていたものですが、今年は未だに少し動くだけで汗びっしょりになっています。 とはいえ、秋は確実にやってきていますので、今のうちから冬に暖かく過ごす習慣作りをしておくと、「さむーい!!」と悲鳴を上げずに済みそうですよ。

dsc_0020

準備したのは、お碗のような形が特徴的な沱茶(とうちゃ)です。今現在のように、欲しいお茶を手に入れるルートをふんだんに持たなかった頃に入手したものが残っていましたので、今回はそのお茶を。

kimg0780

これで人を殴ったらタンコブ出来るだろうな~・・・と言うほど固いこの沱茶。千枚通しのような道具でほぐします。 結構面倒(笑)。

kimg0782

kimg0783

今回の沱茶はプーアールの生茶(※)で、しかも結構な年数経ったものです。 このお茶を売って下さった茶商さんが「冬はプーアール生茶に限る!」と仰っていたのを思い出します。
飲むソバから汗ぽたぽた・・・。

この、汗が出るというのはもちろん「熱いお茶だから」という理由もあるのですが、発酵茶は体を内側から温める性質を持っています。ですから汗も恐らく後者の理由から。 中国には「陰陽説」というものがあり、食材が持つ「体を温める」「体を冷やす」というタイプ分けも陰陽から来ているものです。 ちなみにお茶は元々体を冷やす性質ですが、これが発酵茶になると体を温める性質に転じます。紅茶や黒茶など、しっかり発酵させてあるお茶は体を温める性質に優れています。

あ、紅茶にお砂糖入れて甘くしたら、「体を温める」という観点では無意味になってしまいますからね。 あくまでもストレートで飲むのが基本です~~~。
(同じ理由で、新鮮な果物の果汁が入った云々…も私の視点ではNG)

※・・・自然発酵のプーアール茶のこと。 某飲料メーカーさんの緑茶飲料とは無関係です。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ, 黒茶・プーアール茶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

DSC_1606

美味しいは作れる!

明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事! 中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹 …

no image

お茶にも「目の保養」専門が!?

高価でユニークなお茶のひとつとして有名なものが、この君山銀針(くんざんぎんしん)です。 見るからに茶柱たちまくりで何とも縁起の良さげな見た目をしています。 中国伝統十大銘茶のひとつとしても有名で、とに …

no image

年末年始を振り返って

2016年の年末から2017年の年始にかけて、今までになかったことが起きました。 それは起き上がれない程の「体調不良」です。 年齢的にも成人式を2回終えていますので、そろそろ色んなところをメンテナンス …

12552942_1280169645342166_4617453095328943382_n

飲んだ後の茶殻も無駄なく!

突然ですが、飲んだ後の茶殻は皆さんどうしていますか? 捨ててる? 今回は視点を変えて、飲み終わった後の茶殻の利用法をお伝えしますね。 これこれ、これが一番お勧め! 烏龍茶の佃煮です。 凍頂烏龍茶、四季 …

kimg0802

中国茶芸の心は「おもてなし」です。

長年愛用してきた電壷(電気ケトル)がそろそろお役御免になりそうなので、ティファールのケトルを新しく購入しました。 「新しいモノって良いですね!」と素直に言いたかったのですが、、、うーん、中国茶の設えに …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー