茶芸師のつれづれ 黒茶・プーアール茶

せっかく飲むなら体をあたためましょ!

投稿日:

例年この時期には、いくら九州とはいっても毛布を着て床についていたものですが、今年は未だに少し動くだけで汗びっしょりになっています。 とはいえ、秋は確実にやってきていますので、今のうちから冬に暖かく過ごす習慣作りをしておくと、「さむーい!!」と悲鳴を上げずに済みそうですよ。

dsc_0020

準備したのは、お碗のような形が特徴的な沱茶(とうちゃ)です。今現在のように、欲しいお茶を手に入れるルートをふんだんに持たなかった頃に入手したものが残っていましたので、今回はそのお茶を。

kimg0780

これで人を殴ったらタンコブ出来るだろうな~・・・と言うほど固いこの沱茶。千枚通しのような道具でほぐします。 結構面倒(笑)。

kimg0782

kimg0783

今回の沱茶はプーアールの生茶(※)で、しかも結構な年数経ったものです。 このお茶を売って下さった茶商さんが「冬はプーアール生茶に限る!」と仰っていたのを思い出します。
飲むソバから汗ぽたぽた・・・。

この、汗が出るというのはもちろん「熱いお茶だから」という理由もあるのですが、発酵茶は体を内側から温める性質を持っています。ですから汗も恐らく後者の理由から。 中国には「陰陽説」というものがあり、食材が持つ「体を温める」「体を冷やす」というタイプ分けも陰陽から来ているものです。 ちなみにお茶は元々体を冷やす性質ですが、これが発酵茶になると体を温める性質に転じます。紅茶や黒茶など、しっかり発酵させてあるお茶は体を温める性質に優れています。

あ、紅茶にお砂糖入れて甘くしたら、「体を温める」という観点では無意味になってしまいますからね。 あくまでもストレートで飲むのが基本です~~~。
(同じ理由で、新鮮な果物の果汁が入った云々…も私の視点ではNG)

※・・・自然発酵のプーアール茶のこと。 某飲料メーカーさんの緑茶飲料とは無関係です。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ, 黒茶・プーアール茶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

no image

軽やかなコミュニケーション

先日、友人にホロスコープリーディングを依頼しました。 私の持って生まれた気質と、今後10年取り組むべきテーマを教えてもらいましたが、そのテーマが今日のタイトル「軽やかなコミュニケーション」。 今にして …

dsc_0025

プーアール茶って知ってます?

中国茶に馴染みの無い方でも、烏龍茶同様「名前は知ってる!」と言われる事の多いプーアール茶。 とてもユニークなお茶であること、ご存じでしょうか? 昔々、人々の暮らしにお茶が広まっていくのと同時に、長い距 …

DSC_1447

茶席を和ませるペットがいるってご存知ですか?

お茶の席に、可愛いペットが登場することがあります。 ん?呼んだ? って顔してますねぇ。 この子は某家具ショップで販売されている、通称「人をダメにするクッション」でくつろぐ私の愛犬。お茶席にはさすがに登 …

DSC_1593

手間の先にあるものが美味しさ。

昨晩は「エクスペリエンス・マーケティング」の提唱者、藤村正宏先生の講演会に行ってきました。 私が在籍している熊本の異業種交流会「一期一会」の主催です。 「モノではなく体験を売れ!」 という言葉を初めて …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー