茶芸師のつれづれ 黒茶・プーアール茶

せっかく飲むなら体をあたためましょ!

投稿日:

例年この時期には、いくら九州とはいっても毛布を着て床についていたものですが、今年は未だに少し動くだけで汗びっしょりになっています。 とはいえ、秋は確実にやってきていますので、今のうちから冬に暖かく過ごす習慣作りをしておくと、「さむーい!!」と悲鳴を上げずに済みそうですよ。

dsc_0020

準備したのは、お碗のような形が特徴的な沱茶(とうちゃ)です。今現在のように、欲しいお茶を手に入れるルートをふんだんに持たなかった頃に入手したものが残っていましたので、今回はそのお茶を。

kimg0780

これで人を殴ったらタンコブ出来るだろうな~・・・と言うほど固いこの沱茶。千枚通しのような道具でほぐします。 結構面倒(笑)。

kimg0782

kimg0783

今回の沱茶はプーアールの生茶(※)で、しかも結構な年数経ったものです。 このお茶を売って下さった茶商さんが「冬はプーアール生茶に限る!」と仰っていたのを思い出します。
飲むソバから汗ぽたぽた・・・。

この、汗が出るというのはもちろん「熱いお茶だから」という理由もあるのですが、発酵茶は体を内側から温める性質を持っています。ですから汗も恐らく後者の理由から。 中国には「陰陽説」というものがあり、食材が持つ「体を温める」「体を冷やす」というタイプ分けも陰陽から来ているものです。 ちなみにお茶は元々体を冷やす性質ですが、これが発酵茶になると体を温める性質に転じます。紅茶や黒茶など、しっかり発酵させてあるお茶は体を温める性質に優れています。

あ、紅茶にお砂糖入れて甘くしたら、「体を温める」という観点では無意味になってしまいますからね。 あくまでもストレートで飲むのが基本です~~~。
(同じ理由で、新鮮な果物の果汁が入った云々…も私の視点ではNG)

※・・・自然発酵のプーアール茶のこと。 某飲料メーカーさんの緑茶飲料とは無関係です。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ, 黒茶・プーアール茶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

DSC_1606

美味しいは作れる!

明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事! 中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹 …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

kimg0794

烏龍茶なのに、果物の香りですって???

鳳凰単叢蜜蘭香。 んまぁーい! 私、このお茶が好きになったのは割と最近です。 初めて飲んだ時には、人から淹れてもらったものでしたので確かに美味しかった。 「烏龍茶なのに、果物の香りがしますよ。フレーバ …

no image

歴史的に価値あるお茶とは

BS12で放送中のドラマ「武則天-The Empress-」で賀蘭敏月が毒を仕込んだ蒙頂茶が気になって仕方ないしーよんです。こんにちは。 唐の時代と現代はそもそも論としてお茶の飲み方が違います。 更に …

KIMG0712

タイトルちょっと変えました。

以前、中国(上海)にしょっちゅう行っていた頃、そして残留帰国者の方を対象にしたボランティアに精を出していた頃、「糸永小姐」と呼ばれていました。 それは英語で言うならMs.Itonagaとか、日本語だっ …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー