茶芸師のつれづれ 茶芸師の本棚

本場と日本の違い

投稿日:


読了! この本も中々読み応えがありました。
お茶にとっても詳しい方のブログでこの本の存在を知りまして、早速取り寄せ~。

「本場」というタイトルなだけあって、淹れ方や歴史、茶器の説明などはとても詳しく、かつ分かりやすかったです。 現地では入門書という位置づけだそうですが、日本で買える中国茶入門書には必ずと言っていいほどついている「お店紹介」が、この本には無かったのがかなり好感度高かった私(笑)。 東京や横浜住まいの方ならば、そういった本で紹介されているショップに足を運ばれるのも良いでしょう。 しかし、地方住まいだとそういうわけにもいかず。 中国茶を学び始めた頃に簡単に買いに行けなかった自分と重ねあわせてしまうのです、仕方ない。

で、この本良くも悪くも「本場」だなぁ感じながら読み進めました。 例えば、お茶の説明で「本物」と「偽物」の見分け方なんて項目が(´Д`)。
現地でお茶を買いなれている人にとっては「あるあるww」かも知れません。実際、雑多な情報から正しいものをチョイスしなくてはいけないので、「本物」を自分で見極める必要があるからです。 それでも最近は「QSマーク」や「緑色食品」などの表示によって、安心・安全の基準が明確になりつつあります(それでも・・・という部分はありますが・汗)。 と、一方日本で買える中国茶は、ちゃんと見極めの出来る人が安心できるルートで輸入したものがほとんどですから、そもそも「ニセモノ」に出くわす確率は限りなく低いのでは? と思っています。 私が中国茶を学び始めた頃には目を疑うようなモノも見かけましたが、今現在、正規の輸入ルートで日本に入ってくるお茶は、まず心配要らないでしょう。 ですから、「ニセモノ」の文字が次々踊っているのを見ると、これから中国茶を学びたいという人には逆に不安をあおってしまうのではないかしらん、と、ニセモノに惑わされた経験のある私、老婆心ながらそう思ってしまうのです。

更に効能に至っては、(私がこの本を手に取るきっかけのブログでもそう仰っていましたが)あきらかに日本では「それ書いたらマズいでしょう」という表記があちこちに(汗)。 どうもこの本一冊で「勉強した!」と満足したら大変なことになりそうです。

そしてもうひとつ私が気になったのは、ガラス茶器の事を「瑠璃」と表記していたこと。 朝鮮語圏ではガラスの事を瑠璃ということがあるそうですが、ガラスは中国語で「玻璃」。もしかしたらちょっとした事なのかも知れませんが、お茶の名前で漢字が間違っているところも見つけちゃったりして・・・(汗)。 これはもしかして翻訳ミス?

イチから中国茶について学びたい人には、今は中古本しか手に入りませんが、All about初代中国茶ガイドだった平田公一氏によるこちらの本がお勧め。 ずばり「中国茶の本」です。

そしてこちらは、作家で中国茶研究家の左能 典代さんの本。

この2冊が、私の中国茶学習のスタートでした。

とはいえ最初に紹介している本も、全部が全部眉唾というわけではありません。 「もうちょっと詳しくお茶の種類を覚えたい」「茶器の名前や淹れ方を今より深く知りたい」方には良書かと。
女性茶芸師の所作の写真が優雅なので眺めるだけでも楽しめます。私も鏡を見ながらこの本を参考に、ブラッシュアップしたくなりました。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ, 茶芸師の本棚

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

alice-in-wonderland-276452_640

古い洋館で「お茶」といえば・・・。

4月の熊本地震では、熊本城をはじめとして歴史的に価値の高い建造物も相当数損害を受けました。 しかし、そんな中、熊本市の西部に移築され、現存している洋館があります。 花峰館 という建物です。この建築物の …

kimg0782

せっかく飲むなら体をあたためましょ!

例年この時期には、いくら九州とはいっても毛布を着て床についていたものですが、今年は未だに少し動くだけで汗びっしょりになっています。 とはいえ、秋は確実にやってきていますので、今のうちから冬に暖かく過ご …

DSC_1606

美味しいは作れる!

明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事! 中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹 …

kimg0794

烏龍茶なのに、果物の香りですって???

鳳凰単叢蜜蘭香。 んまぁーい! 私、このお茶が好きになったのは割と最近です。 初めて飲んだ時には、人から淹れてもらったものでしたので確かに美味しかった。 「烏龍茶なのに、果物の香りがしますよ。フレーバ …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー