茶芸師が考えるコミュニケーション 茶芸師のつれづれ 茶芸師の本棚

前提が違うことを知る

投稿日:2016年9月18日 更新日:

読了。アマゾンの商品説明によると「中国最大のプーアル茶企業「大益」が編集した、プーアル茶鑑定の専門書。」だそうで、手の出しやすいお値段とは裏腹に専門用語のオンパレードでした。難しかったー。
久々に読後にどっと疲れる本と出会いました(^^;)。  とはいえ、こういった専門書が日本語で読めるようになったというのは実にありがたいことです。 ほんの数年前まで、専門家と出会うチャンスを見つけては質問し、また疑問が出る⇒チャンス伺う⇒質問する・・・の繰り返しで、少しずつ知識を積み上げていくしかありませんでしたから。

で、この本に限った話ではないのですが、中国茶の専門書(現地の専門家によるものは特に)にはある特徴があります。 それは「効能ありき」で話が進むこと。

研究者の友人に一度この本を読ませて感想を聞きたいと思ってしまった程、効果効能についてのウンチクが続きます。 それが良いか悪いかは別にして、私はある人の事を思い出しました。 今から十数年前、仕事で数か月上海と日本を行ったり来たりしていたときのこと。 通訳を雇って現地で仕事をしていたのですが、この通訳さんと食事をすると必ず、「しーよんさん、これは体に良いです」「これを食べると肌がすべすべになりますネ」「こっちは疲労回復に良いです、ぜひ食べて」と、食材の効能を喋ってくれました。 これが日本人同士だったらどうでしょう? 「体に良いから食べて」という言い方は、少なくとも私の周りでは余り耳にしません。

文化の違いというか、国民性と言うべきか。

正しい・正しくないという二元的に答えを求めるのではなく、そもそもの立ち位置が「違う」という認識を持つことの大切さを改めて感じました。 その前提も含めたところで皆様にお伝えしていくことが講師の務め。

広告




広告




-茶芸師が考えるコミュニケーション, 茶芸師のつれづれ, 茶芸師の本棚

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

no image

インスタグラムはじめました。

アカウントは随分前に取ったのですが、取ったきりで全然使ってなかったインスタグラム。 お茶の記録写真(主にその日に飲んだお茶)をせっかく取っているので、なんか活用したいな~と思ったのが始まりです。 例え …

dsc_0408

SCBつながるお茶会

崇城大学情報学部の星合隆成教授が提唱する地域活性化理論を「地域コミュニティブランド」といいます。 略して「SCB」。 この理論を用いて、「中国茶」をツールとした新しい取り組みが始まりました。 実際に取 …

no image

2017年も終わりの足音が聞こえ始めました。

人間、始めることより続けることの方が難しいと言います。わが身を振り返ってもまさにその通りで、「やるぞ!」と決めた事があっちこっちにとっちらかってしまい、ようやくその対処に気づいたところでした。 私は「 …

no image

「私は〇〇な人です」

「先生、なんで普通の恰好してるのですか? 中国茶を楽しみに来たので、先生がそれっぽい恰好してくださるともっと楽しいのに」 と言われたことがきっかけで、お茶のセミナーのみならず外に出て人と会うときには「 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー