烏龍茶 茶芸師のつれづれ

美味しいは作れる!

投稿日:

DSC_1606
明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事!

中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹れ方」の説明の仕方があると考えています。 お茶に慣れた人は自分の感覚で美味しさを理解しています。 言い方を変えれば、肚(無意識)に落とし込んでる・・・とでも言いましょうか。 そして、広く出回っている書籍でもお茶の淹れ方を書かれたものもありますが、余りにも「ざっくり」しすぎて、これからお茶を学びたい人には却って分かりにくくなっているものがある、これも否めません。

例えば、「烏龍茶の淹れ方」ひとつ取っても、武夷岩茶と台湾烏龍茶は抽出時間も茶葉の量も一緒でいいの? と言われればそうではないのです(あくまでも私の経験上)。 そのあたりをロジカルに説明できるよう、複数の烏龍茶を複数の淹れ方で比べています。 例えば、あるお茶を「4g」と「8g」で抽出時間を同じにしたり、「4g」で抽出時間を変えたりして、一番お茶の特徴を引きだしているのはどれか? と、こんな感じで比べています。 官能検査ではないのでちょっとアバウトな点もありますが、結果オーライならば良いのです。朝から昼食を挟んで、ずっと飲み続けていますので、お腹ちゃぷんちゃぷん・・・^^;。

初めてお茶に触れる方でも「私も自分でやってみようかな」と思って下さるような説明が出来るためには、こういった事が欠かせません。それが講師の役目ではないかな。

弘法筆を選ばずと言う言葉があるように、どんな茶器でもお茶の魅力を最大限に引き出すべく、そして茶葉の量、お湯の温度、抽出時間の「ここがキモ」という点を明確に示すべく日々お茶を淹れ続けています。

広告




広告




-烏龍茶, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

お茶にも「目の保養」専門が!?

高価でユニークなお茶のひとつとして有名なものが、この君山銀針(くんざんぎんしん)です。 見るからに茶柱たちまくりで何とも縁起の良さげな見た目をしています。 中国伝統十大銘茶のひとつとしても有名で、とに …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

no image

軽やかなコミュニケーション

先日、友人にホロスコープリーディングを依頼しました。 私の持って生まれた気質と、今後10年取り組むべきテーマを教えてもらいましたが、そのテーマが今日のタイトル「軽やかなコミュニケーション」。 今にして …

03244x

お茶なのに〇〇です。

前回の記事では、「お茶の名前は『産地』+『茶葉の形状』で付けられるものが多いですよ」というお話をしていますが、烏龍茶の場合は「お茶なのにその名前デスカッ!」と思わずツッコミを入れたくなるものが存在しま …

DSC_1593

手間の先にあるものが美味しさ。

昨晩は「エクスペリエンス・マーケティング」の提唱者、藤村正宏先生の講演会に行ってきました。 私が在籍している熊本の異業種交流会「一期一会」の主催です。 「モノではなく体験を売れ!」 という言葉を初めて …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー