烏龍茶 茶芸師のつれづれ

美味しいは作れる!

投稿日:

DSC_1606
明後日のセミナーに備え、絶賛テイスティング中です。 セミナーご参加の方々に、お茶のベストなパフォーマンスを堪能頂くには事前の準備が大事!

中国茶の敷居を高く感じてらっしゃる方が多い一因として、私は「淹れ方」の説明の仕方があると考えています。 お茶に慣れた人は自分の感覚で美味しさを理解しています。 言い方を変えれば、肚(無意識)に落とし込んでる・・・とでも言いましょうか。 そして、広く出回っている書籍でもお茶の淹れ方を書かれたものもありますが、余りにも「ざっくり」しすぎて、これからお茶を学びたい人には却って分かりにくくなっているものがある、これも否めません。

例えば、「烏龍茶の淹れ方」ひとつ取っても、武夷岩茶と台湾烏龍茶は抽出時間も茶葉の量も一緒でいいの? と言われればそうではないのです(あくまでも私の経験上)。 そのあたりをロジカルに説明できるよう、複数の烏龍茶を複数の淹れ方で比べています。 例えば、あるお茶を「4g」と「8g」で抽出時間を同じにしたり、「4g」で抽出時間を変えたりして、一番お茶の特徴を引きだしているのはどれか? と、こんな感じで比べています。 官能検査ではないのでちょっとアバウトな点もありますが、結果オーライならば良いのです。朝から昼食を挟んで、ずっと飲み続けていますので、お腹ちゃぷんちゃぷん・・・^^;。

初めてお茶に触れる方でも「私も自分でやってみようかな」と思って下さるような説明が出来るためには、こういった事が欠かせません。それが講師の役目ではないかな。

弘法筆を選ばずと言う言葉があるように、どんな茶器でもお茶の魅力を最大限に引き出すべく、そして茶葉の量、お湯の温度、抽出時間の「ここがキモ」という点を明確に示すべく日々お茶を淹れ続けています。

広告




広告




-烏龍茶, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

dsc_3354

どうして○○を着ているのですか?

最近、よくこの質問を頂くようになりました。 そう、○○の中に入るのは「チャイナ服」。 チャイナ服を着始めた頃は「コスプレ?」と半ばからかう口調で言われたこともありました。しかし半年近く続けていくと中々 …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

DSC_1595

初心者さんにも分かる「岩茶」と「鳳凰単叢」の見分け方

福建省北部の武夷岩茶と広東省の鳳凰単叢、このふたつは歴史も古く有名な烏龍茶ですが、その特徴から淹れ方に若干のコツが必要です。 私は以前、鳳凰単叢にかーなーり苦手意識を持っていました。 香り高く味わい深 …

no image

歴史的に価値あるお茶とは

BS12で放送中のドラマ「武則天-The Empress-」で賀蘭敏月が毒を仕込んだ蒙頂茶が気になって仕方ないしーよんです。こんにちは。 唐の時代と現代はそもそも論としてお茶の飲み方が違います。 更に …

no image

お茶にも「目の保養」専門が!?

高価でユニークなお茶のひとつとして有名なものが、この君山銀針(くんざんぎんしん)です。 見るからに茶柱たちまくりで何とも縁起の良さげな見た目をしています。 中国伝統十大銘茶のひとつとしても有名で、とに …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー