Tip on learning Chinesetea 烏龍茶

初心者さんにも分かる「岩茶」と「鳳凰単叢」の見分け方

投稿日:

福建省北部の武夷岩茶と広東省の鳳凰単叢、このふたつは歴史も古く有名な烏龍茶ですが、その特徴から淹れ方に若干のコツが必要です。
私は以前、鳳凰単叢にかーなーり苦手意識を持っていました。 香り高く味わい深いことは理解しているものの、うっかり抽出時間を長くとってしまうと、あっという間に「苦いだけのお茶」になってしまうから。

その点、台湾烏龍茶は烏龍茶を淹れなれていない人にも優しいお茶だなぁと感じています。 ポットのお湯でも、お湯を注いで、万一数分間経ってしまっても、それなりのものになりますので。

とはいえ、きちっと向き合えば大陸の烏龍茶も美味しく淹れることが可能です。

DSC_1589
では、早速淹れてみましょう! 左:武夷岩茶「奇蘭」、右:鳳凰単叢のひとつ「鳳凰八仙」

ふたつの違いがお分かりでしょうか? 鳳凰八仙の方が細く、一方で撚りが強いのは奇蘭です。

DSC_1591
かさのある茶葉の時には、蓋碗が便利です。 武夷岩茶用の茶壷もありますが、個人的には蓋碗に軍配です。

DSC_1593
鳳凰単叢の茶葉は、緑色の名残が分かるものが多いです。

DSC_1595
左:「奇蘭」、右:「鳳凰八仙」
水色も比べてみると、より分かりやすいですね。 岩茶の方が濃いです。

写真を途中で撮っていますので、もしかしたらたっぷり時間を取って淹れたものと思われたかも知れません。 実は、お茶の抽出時間は10秒弱しか取っていないのです。
岩茶や単叢を美味しく淹れるためのコツはふたつ。
まず、沸騰湯をつかうこと。 電気ポットのお湯では温度が低いので、渋み・苦味・エグみが勝ってしまい、お茶本来の味も香りも死んでしまいます。
そして、抽出時間は10秒弱。 お湯を注いだらすぐカウントダウンです。 この間は氣を抜かずに。

茶葉の量はお好みですが、私は「多め」をお勧めします。講師によって言う事が違うのもしょっちゅうですので、ご自分の量が分かるまで色々と試してみられることが一番早いかと。

13975370_1475276062498189_4369837168311643511_o
お店によっては、こんな小袋入りで販売されています。目安としては、一袋(8g)が1回分。 一番分かりやすいのは、一袋を1回分とする淹れ方。
ちょっと贅沢な淹れ方かも知れませんネ。しかしお茶本来の味と香りを知るには、この量が一番適切でした(しーよん調べ)。 その代り茶葉の量が多いので、煎を重ねても美味しさが持続します(^-^)/。

広告




広告




-Tip on learning Chinesetea, 烏龍茶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

DSC_1515

ジャンピングはしませんが・・・。

工夫紅茶のひとつ「金駿眉(きんしゅんび)」。 一時は壊滅状態だった中国紅茶において、これはすごく新しいお茶です。 市場に出回り始めて10年程度だったと記憶。 砂糖も何も不要です。 工夫紅茶特有の甘味が …

DSC_1576

食は薬なり

仏様が蓮を持つ手を図柄にした茶荷に、「佛手(ぶっしゅ)」という同じ名前を持つ岩茶を淹れてみました。 よく「五感を使う」と言いますが、お茶にもそれが当てはまります。 まずは見た目の印象、これ大事ですね。 …

KIMG0608

沢山あるお茶をどのように覚えますか?

どのくらいの種類の中国茶があるか、ご存じですか? その数なんと、多い人では5000種類を数えるほど。 ですから、厳密な数は「分からない」と言った方が良いのが中国茶。 5000種類は多すぎるとしても、膨 …

dsc_1612

お茶のカテキン類と「がん」

今月7日、東京の国立がん研究センターにご在籍の木村綾さんを講師にお招きして、「お茶のカテキン類ってがんに効くの?」というテーマの茶話会を行いました。 ええ、文字通り「お茶」と「お話」です。 メインテー …

dsc_0025

プーアール茶って知ってます?

中国茶に馴染みの無い方でも、烏龍茶同様「名前は知ってる!」と言われる事の多いプーアール茶。 とてもユニークなお茶であること、ご存じでしょうか? 昔々、人々の暮らしにお茶が広まっていくのと同時に、長い距 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー