Tip on learning Chinesetea 茶芸師のつれづれ

美味しくお茶を淹れるには〇〇を使うと素敵♪

投稿日:

美味しくお茶を淹れるには、必要不可欠な事があります。
何だと思いますか? 温度? 良い茶葉を選ぶこと? 抽出時間? 茶器?

全て正解ですが、もっとも私が重要視することは「五感を使う事」。
お茶を淹れることと少し離れますが、人には「自分のパターン」というものがあります。 上手くいくときもそうじゃないときも。
NLPではストラテジーと呼ばれています。

視覚、聴覚、それから味覚、嗅覚、触覚の五感をもれなく使い続けることで、それが「経験」となります。
経験として肚に落とし込むと、無意識に出来るようになります。 しかしそこに至るまでには幾つかの段階があり、まるで階段を一段ずつ上がっていくかの如く、人はステップアップしていくものです。
私はNLPを学んだことで、言葉でそれを説明出来るようになりました。
名刺交換をさせて頂くと、しばしば「中国茶の先生がNLP?」と不思議そうな顔をされますが、実はちゃんと繋がっています。
(私はABNLPのマスタープラクティショナーでもあります)

NLPを学んで以降、自分がお茶を淹れる時のストラテジーを見直すと確かに納得です。 上手くいくパターンをちゃんと使っていました。
お茶はコミュニケーションです 😉 。

広告




広告




-Tip on learning Chinesetea, 茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

dsc_0025

プーアール茶って知ってます?

中国茶に馴染みの無い方でも、烏龍茶同様「名前は知ってる!」と言われる事の多いプーアール茶。 とてもユニークなお茶であること、ご存じでしょうか? 昔々、人々の暮らしにお茶が広まっていくのと同時に、長い距 …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

no image

喫茶去

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。 忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作 …

kimg0838

専用の茶器が無くても美味しく烏龍茶を淹れる準備

皆さんの中国茶に対するハードルを挙げている理由の筆頭にあるものが、恐らく「茶器」ではないでしょうか。 日本茶の急須や紅茶のティーポットに比べると、馴染みが薄すぎるのが中国茶の茶器。 しかし、茶器が無け …

12552942_1280169645342166_4617453095328943382_n

飲んだ後の茶殻も無駄なく!

突然ですが、飲んだ後の茶殻は皆さんどうしていますか? 捨ててる? 今回は視点を変えて、飲み終わった後の茶殻の利用法をお伝えしますね。 これこれ、これが一番お勧め! 烏龍茶の佃煮です。 凍頂烏龍茶、四季 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー