Tip on learning Chinesetea 紅茶

ジャンピングはしませんが・・・。

投稿日:

DSC_1515

工夫紅茶のひとつ「金駿眉(きんしゅんび)」。 一時は壊滅状態だった中国紅茶において、これはすごく新しいお茶です。
市場に出回り始めて10年程度だったと記憶。 砂糖も何も不要です。 工夫紅茶特有の甘味がサイコー♡

先般、お兄さんがコーヒー、弟さんが紅茶派というご兄弟のお兄さんとお話する機会がありました。
「弟がねぇ、コーヒーは薄っぺらいって言うんだよ。それで紅茶やり始めてね、ジャンピングだっけ? 中国にも紅茶あるでしょ?」
とご質問頂きましたが・・・。 しないんですよねぇ。
写真は磁器の中国茶器で淹れていますが、 私に紅茶を淹れさせるなら、ティーポットでジャンピングより急須で淹れさせた方がきっと美味しいです^^;。
同じ「紅茶」という呼び方をしますが、インドやスリランカの紅茶と中国紅茶は基本的に製法から異なっています(キーマンやラプサンスーチョンも中国紅茶です)。
YouTubeで紅茶の淹れ方の動画も何本か見ましたが、全然別物でした。 機会があれば比較動画を撮って、どこがどう違うか解説してみたい。

君山銀針
ジャンピングはしません、と言いきってますが、「ジャンピング」という言い方をしないだけで、淹れ方は同じかも!と思うケースも実はあります。
静止画なので分かりにくいのはご容赦下さい。 このお茶のたゆたい方は抽出中の紅茶(中国以外の)の様子にそっくり。

元を正せば同じ「チャ」ですので、基本は同じなのかも知れませんね。

広告




広告




-Tip on learning Chinesetea, 紅茶

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

お茶の名前の付け方

相変わらず、こちらのドラマにハマっています。 今日は、あるシーンで具体的なお茶の名前が出てきました。 皇帝の側室のひとりがそのお茶しか飲まない、と、仕えている宮女が宦官に説明するシーンです。 「峨眉毛 …

DSC_1595

初心者さんにも分かる「岩茶」と「鳳凰単叢」の見分け方

福建省北部の武夷岩茶と広東省の鳳凰単叢、このふたつは歴史も古く有名な烏龍茶ですが、その特徴から淹れ方に若干のコツが必要です。 私は以前、鳳凰単叢にかーなーり苦手意識を持っていました。 香り高く味わい深 …

DSC_1576

食は薬なり

仏様が蓮を持つ手を図柄にした茶荷に、「佛手(ぶっしゅ)」という同じ名前を持つ岩茶を淹れてみました。 よく「五感を使う」と言いますが、お茶にもそれが当てはまります。 まずは見た目の印象、これ大事ですね。 …

no image

お茶と砂糖は歴史を動かす!?

皆さんは「歴史」、お好きですか? 私が学校に通っていた頃はイイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府だったのが、今はイイハコ(1185)に変わっているそうでそういや徹夜で年号覚えていたのに、大人になってさっぱ …

no image

インスタグラムはじめました。

アカウントは随分前に取ったのですが、取ったきりで全然使ってなかったインスタグラム。 お茶の記録写真(主にその日に飲んだお茶)をせっかく取っているので、なんか活用したいな~と思ったのが始まりです。 例え …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー