茶芸師のつれづれ

目指せ、〇〇への道。

投稿日:

都匀毛尖

都匀毛尖(といんもうせん)。ちょっと茶葉多かった…。

太平猴魁

太平猴魁(たいへいこうかい)。

有名ではあるものの、日本で、しかも地方では中々手に入らない中国緑茶2種。この2つは中国茶講師になりたての頃、飲んでみたくて、でもどうやったら手に入るのか悩んだことを思い出します。
ある意味、私の記憶に残るお茶かも知れません。
そしてやっと手に入った時には、味わって覚えるのに必死すぎて記録写真を残すことなど考えもしませんでした~。

そのときの反省と「今後こそ」の記録も兼ねて、ちゃんとしたカメラで写真を撮りはじめました。
使用機はNikonのD3100。

いやぁ、カメラが良いとそれなりに見えるものですね。 昔々、高校生の頃には写真部所属だった私、デジイチ初心者とはいえ一眼レフカメラの手触りを思い出せれば何とかなりそうです。
「美味しそう、この人が淹れるお茶を飲んでみたい」と思って頂けるような写真が撮れるよう、精進します!

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

本場と日本の違い

読了! この本も中々読み応えがありました。 お茶にとっても詳しい方のブログでこの本の存在を知りまして、早速取り寄せ~。 「本場」というタイトルなだけあって、淹れ方や歴史、茶器の説明などはとても詳しく、 …

kimg0802

中国茶芸の心は「おもてなし」です。

長年愛用してきた電壷(電気ケトル)がそろそろお役御免になりそうなので、ティファールのケトルを新しく購入しました。 「新しいモノって良いですね!」と素直に言いたかったのですが、、、うーん、中国茶の設えに …

dsc_0402

「ほっとする」「あったまる」ストーリーを作りたい

ひょんなことから、地元の大学生5人と新しいプロジェクトを立ち上げることになりました。 私の娘です、と言ってもいいくらいの若い彼女たちがとにかく可愛くって。今はまだ大人しい彼女たちですが、「茶」という世 …

no image

前提が違うことを知る

読了。アマゾンの商品説明によると「中国最大のプーアル茶企業「大益」が編集した、プーアル茶鑑定の専門書。」だそうで、手の出しやすいお値段とは裏腹に専門用語のオンパレードでした。難しかったー。 久々に読後 …

no image

インスタグラムはじめました。

アカウントは随分前に取ったのですが、取ったきりで全然使ってなかったインスタグラム。 お茶の記録写真(主にその日に飲んだお茶)をせっかく取っているので、なんか活用したいな~と思ったのが始まりです。 例え …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー