茶芸師のつれづれ

目指せ、〇〇への道。

投稿日:

都匀毛尖

都匀毛尖(といんもうせん)。ちょっと茶葉多かった…。

太平猴魁

太平猴魁(たいへいこうかい)。

有名ではあるものの、日本で、しかも地方では中々手に入らない中国緑茶2種。この2つは中国茶講師になりたての頃、飲んでみたくて、でもどうやったら手に入るのか悩んだことを思い出します。
ある意味、私の記憶に残るお茶かも知れません。
そしてやっと手に入った時には、味わって覚えるのに必死すぎて記録写真を残すことなど考えもしませんでした~。

そのときの反省と「今後こそ」の記録も兼ねて、ちゃんとしたカメラで写真を撮りはじめました。
使用機はNikonのD3100。

いやぁ、カメラが良いとそれなりに見えるものですね。 昔々、高校生の頃には写真部所属だった私、デジイチ初心者とはいえ一眼レフカメラの手触りを思い出せれば何とかなりそうです。
「美味しそう、この人が淹れるお茶を飲んでみたい」と思って頂けるような写真が撮れるよう、精進します!

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

お茶にも「目の保養」専門が!?

高価でユニークなお茶のひとつとして有名なものが、この君山銀針(くんざんぎんしん)です。 見るからに茶柱たちまくりで何とも縁起の良さげな見た目をしています。 中国伝統十大銘茶のひとつとしても有名で、とに …

no image

「煎」じる茶と煎茶

BSジャパンで現在放送中「琅琊榜(ろうやぼう)―麒麟の才子、風雲起こす―」にハマっています。 中国の南北朝をモデルにした架空のお話だそうですが、全く架空というわけではなく、歴史に沿いつつ・・・という体 …

no image

年末年始を振り返って

2016年の年末から2017年の年始にかけて、今までになかったことが起きました。 それは起き上がれない程の「体調不良」です。 年齢的にも成人式を2回終えていますので、そろそろ色んなところをメンテナンス …

no image

前提が違うことを知る

読了。アマゾンの商品説明によると「中国最大のプーアル茶企業「大益」が編集した、プーアル茶鑑定の専門書。」だそうで、手の出しやすいお値段とは裏腹に専門用語のオンパレードでした。難しかったー。 久々に読後 …

DSC_1447

茶席を和ませるペットがいるってご存知ですか?

お茶の席に、可愛いペットが登場することがあります。 ん?呼んだ? って顔してますねぇ。 この子は某家具ショップで販売されている、通称「人をダメにするクッション」でくつろぐ私の愛犬。お茶席にはさすがに登 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー