茶芸師のつれづれ

喫茶去

投稿日:

喫茶去とは、禅語のひとつです。唐代の趙州禅師がどんな者に対しても「お茶をおあがり」と言った・・・という話があります(出典:少林山達磨寺のWEBサイトより)。

忙しい日常、ついついバタバタと忙しない動作で何事にも取り掛かり、周りが見えなくなっていませんか?
そんなときこそ、一旦手を止めてゆっくりとお茶を味わう時間を取る事で、自分がすべきことが見えてきたり、周りの声が聞こえてきたり、自分に心地よく感じるものが見つかったりするものです。 以前は私も「そんな暇あったら、しなくちゃいけないことが沢山!」と、目を三角にしていたものです。しかしあるとき、忙しない状態のまま前に進み続けていると、自分の視界がどんどん狭くなっていることに気づきました。自分の視界が狭まっていることが分かったら、今度は肩を怒らせて歯を食いしばって、体をカチカチに強張らせていることが分かりました。

目標に向かって進む事は本来楽しんでワクワクしたいもの。 しかし一刻も早く目的地に着こうとすると、楽しくなくなるどころか辛さを感じてしまいます。

そんなときに、あの地震が来ました。

地震から2週間後、中国茶好きな方のお宅に伺う機会が出来、福岡まで足を伸ばしました。

目的地についてひといきついて「茶器もゆっくり触ってなかったのではないですか?」と、ご自分の茶器セットを持ってこられ、私に使うように勧めて下さったのです。 地震以降どこか、多分地震が起きる前数か月間は、自分のためにプライベートで茶器を使ってお茶を淹れてなかったような? 余裕をすっかり無くしていた自分に、このときようやく気付いたのです。

そして、蓋碗の手触りを味わいながらゆっくりと淹れたお茶の美味しかったこと。こんなに美味しいお茶を淹れる事が出来る自分を、もっと大切にしなくちゃと、やっと思えるようになりました。

この体験を通じて、趙州禅師にならって「お茶をどうぞ」と、どなたでもお迎えできるお茶会を開催しよう・・・! と決意した次第です。

まだホームページのあちこち「準備中」となっていますが、間もなくメニューが登場します。 楽しみにお待ちくださいませ。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

お茶にも「目の保養」専門が!?

高価でユニークなお茶のひとつとして有名なものが、この君山銀針(くんざんぎんしん)です。 見るからに茶柱たちまくりで何とも縁起の良さげな見た目をしています。 中国伝統十大銘茶のひとつとしても有名で、とに …

no image

あけましておめでとうございます。

といいつつ、もう7日。 お正月に美味しいものを沢山食べた人は「痩せないと!」と決意されている頃ではないでしょうか。 お茶とは関係ない話で恐縮なんですけど、「痩せるお茶ってどれですか?」と聞かれたときに …

DSC_1447

茶席を和ませるペットがいるってご存知ですか?

お茶の席に、可愛いペットが登場することがあります。 ん?呼んだ? って顔してますねぇ。 この子は某家具ショップで販売されている、通称「人をダメにするクッション」でくつろぐ私の愛犬。お茶席にはさすがに登 …

1480842433

「この冬、やりたいこと」

SCBつながるお茶会の主役、中国茶女子のブログが更新されました。 書いた人がバトン形式で「次のテーマ」を決めていくスタイルで書き始めたみたい。 トップバッターは次女の「楽楽(りーりー)」が「この冬、や …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー