茶芸師のつれづれ

ワインと中国茶の共通点

投稿日:

黒木タクシー収録七夕の日、地元ラジオ局で収録でした。呼んでくださったのはFM熊本で放送中の「黒木タクシー」という番組です。パーソナリティーは、熊本であらゆるメディアに登場される人気者、黒木よしひろさん。 黒木さん扮するドライバーのタクシーに、たまたま乗り合わせた乗客としてゲストがお喋りをする内容です。リスナーの多い人気番組で、お陰様で何人もの方に「聴きます!」と言って頂きました。

私が呼んで頂いた日のもうひとりのゲストが、偶然にもソムリエの資格をお持ちの方だったので、自分の順番が来るまでの間スタジオで「こんな風に収録があってるんだ~」と興味津々でお話を聞いていました。 ワインのお話になると、ワインの歴史や産地、種類などなど・・・お茶に置き換えると、私にはすこぐ馴染みのある内容です(ただしワインは詳しくありませんが)。
「この味(香り)のときにはこういう表現」というセオリーがあるのも同じですね。 私がビックリしたのは「ネコのおしっこ」と表現されるワインがあるそうです。
実際にネコのおしっこなんて飲む人はいないでしょうが、ワインの香りからどれだけイマジネーションを膨らませることが出来るかどうか、それによってワインの美味しさも変わってくるのでしょう。 お茶の香りも色々なものに例えられます。 例えば「栗の香り」と表現するお茶がありますが、実際に栗がそこまで香るかといえばどうでしょう? 栗のようなこっくりとした甘味を連想させる・・・という意味で、このような表現が使われているのです。

ワインといえば聖書にも出てくる飲み物。 それだけ人々の暮らしに欠かせなかったものといえます。 そして、一番歴史が古く、世界で最も沢山飲まれている嗜好品。それがお茶です。
偶然とはいえ、共通点が沢山のものを扱ってらっしゃる方との出会いは中々興味深いものでした。 更に黒木さんとのお喋りは、緊張した一方でものすごく気持ち良く喋ってきました! 喋りのプロは「喋らせ上手」ですねぇ。 コミュニケーションに役立つポイントも一杯あった気がしますが、余りにも自然なエスコートだったので「ゲスト」を楽しませて頂きました!

8/6(土)18:30~の放送で登場予定です。
地元熊本の皆さんのお耳に掛かります。あれやこれやとお茶のことを喋っております。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

alice-in-wonderland-276452_640

古い洋館で「お茶」といえば・・・。

4月の熊本地震では、熊本城をはじめとして歴史的に価値の高い建造物も相当数損害を受けました。 しかし、そんな中、熊本市の西部に移築され、現存している洋館があります。 花峰館 という建物です。この建築物の …

dsc_0004

勿体ない、の意味

赤枠で囲ったところをお茶のパッケージそのもので実際に見てみたい・・・という動機で、プーアール茶数種取り寄せました。 そしてこういったものは「生きた教材(しかも美味しい)」なので、お茶を学びに来られる方 …

no image

この本の著者、販促コンサルタントの岡本先生のセミナーを受けてきました。 家具量販店のCMではありませんが、「お値段以上」の価値あるセミナーで、私にはどう役に立つのかとてもワクワクしています。 セミナー …

no image

年末年始を振り返って

2016年の年末から2017年の年始にかけて、今までになかったことが起きました。 それは起き上がれない程の「体調不良」です。 年齢的にも成人式を2回終えていますので、そろそろ色んなところをメンテナンス …

kimg0802

中国茶芸の心は「おもてなし」です。

長年愛用してきた電壷(電気ケトル)がそろそろお役御免になりそうなので、ティファールのケトルを新しく購入しました。 「新しいモノって良いですね!」と素直に言いたかったのですが、、、うーん、中国茶の設えに …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー