茶芸師のつれづれ

ワインと中国茶の共通点

投稿日:

黒木タクシー収録七夕の日、地元ラジオ局で収録でした。呼んでくださったのはFM熊本で放送中の「黒木タクシー」という番組です。パーソナリティーは、熊本であらゆるメディアに登場される人気者、黒木よしひろさん。 黒木さん扮するドライバーのタクシーに、たまたま乗り合わせた乗客としてゲストがお喋りをする内容です。リスナーの多い人気番組で、お陰様で何人もの方に「聴きます!」と言って頂きました。

私が呼んで頂いた日のもうひとりのゲストが、偶然にもソムリエの資格をお持ちの方だったので、自分の順番が来るまでの間スタジオで「こんな風に収録があってるんだ~」と興味津々でお話を聞いていました。 ワインのお話になると、ワインの歴史や産地、種類などなど・・・お茶に置き換えると、私にはすこぐ馴染みのある内容です(ただしワインは詳しくありませんが)。
「この味(香り)のときにはこういう表現」というセオリーがあるのも同じですね。 私がビックリしたのは「ネコのおしっこ」と表現されるワインがあるそうです。
実際にネコのおしっこなんて飲む人はいないでしょうが、ワインの香りからどれだけイマジネーションを膨らませることが出来るかどうか、それによってワインの美味しさも変わってくるのでしょう。 お茶の香りも色々なものに例えられます。 例えば「栗の香り」と表現するお茶がありますが、実際に栗がそこまで香るかといえばどうでしょう? 栗のようなこっくりとした甘味を連想させる・・・という意味で、このような表現が使われているのです。

ワインといえば聖書にも出てくる飲み物。 それだけ人々の暮らしに欠かせなかったものといえます。 そして、一番歴史が古く、世界で最も沢山飲まれている嗜好品。それがお茶です。
偶然とはいえ、共通点が沢山のものを扱ってらっしゃる方との出会いは中々興味深いものでした。 更に黒木さんとのお喋りは、緊張した一方でものすごく気持ち良く喋ってきました! 喋りのプロは「喋らせ上手」ですねぇ。 コミュニケーションに役立つポイントも一杯あった気がしますが、余りにも自然なエスコートだったので「ゲスト」を楽しませて頂きました!

8/6(土)18:30~の放送で登場予定です。
地元熊本の皆さんのお耳に掛かります。あれやこれやとお茶のことを喋っております。

広告




広告




-茶芸師のつれづれ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

前提が違うことを知る

読了。アマゾンの商品説明によると「中国最大のプーアル茶企業「大益」が編集した、プーアル茶鑑定の専門書。」だそうで、手の出しやすいお値段とは裏腹に専門用語のオンパレードでした。難しかったー。 久々に読後 …

都匀毛尖

目指せ、〇〇への道。

都匀毛尖(といんもうせん)。ちょっと茶葉多かった…。 太平猴魁(たいへいこうかい)。 有名ではあるものの、日本で、しかも地方では中々手に入らない中国緑茶2種。この2つは中国茶講師になりたて …

no image

軽やかなコミュニケーション

先日、友人にホロスコープリーディングを依頼しました。 私の持って生まれた気質と、今後10年取り組むべきテーマを教えてもらいましたが、そのテーマが今日のタイトル「軽やかなコミュニケーション」。 今にして …

no image

福岡で初体験!

勤労感謝の日には福岡まで足を延ばして、とあるヒーリングを受けてきました。 『ヒーリング』の代表がヒーリングを受けに行くって、冗談みたいな話だねとツッコミが入りそうですが、それはおいといて。 今回伺った …

no image

お茶と砂糖は歴史を動かす!?

皆さんは「歴史」、お好きですか? 私が学校に通っていた頃はイイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府だったのが、今はイイハコ(1185)に変わっているそうでそういや徹夜で年号覚えていたのに、大人になってさっぱ …

【スポンサー】

人気ブログランキング

ノベルティや販促品をお探しの方は・・・


@siyong_ka

アーカイブ

記事カテゴリー